5人家族で月食費2万円台!わたしがやっている「外食を減らしラクに自炊する工夫」

働く・学ぶ

stock.adobe.com

2023.08.13

おでかけした日は、帰宅後の食事づくりが面倒に感じますよね。 しかし、予定にはない外食が増えれば、出費もかさむもの……。 外食費は、おでかけ前の準備で差がつく! あることをしておくだけで、外食に頼ることなくラクに自炊が続きますよ。 ここでは、外食費を減らすために私がやっている3つのことを紹介します。

広告

ごはんの「炊飯予約」をする

炊飯予約出典:stock.adobe.com

どれだけ時間に追われていても、ごはんだけは必ず炊くようにしています。
主食があれば、あとはおかずを用意するだけ。そう考えると、なぜだか自炊をする肩の荷がすっとおりるんです。

でかける前にはお米をとぎ、炊飯予約をしてから出発するのが私のルーティン。
帰宅したときにはごはんが炊きあがっているので、外食しようか迷っても「ごはんがあるし、とりあえず家に戻ろう」と寄り道せずに帰路につきます。
炊飯予約のおかげで、外で食べて帰るという考えがなくなるんです。

わが家は今のところ、この方法で予定外の外食を100%阻止できていますよ。

メインおかずに「下味」をつける

下味出典:stock.adobe.com

メインおかずはとにかく「焼くだけ」「揚げるだけ」に限ります。
事前に下味もつけておけば、調味料をあれこれ出す必要がありません。

下味をつけるときは、食品用のポリ袋を使うのも重要なポイント!
洗い物をできるだけ最小限にするため、ボウルは使いません。
唐揚げを作るときは、ポリ袋の中に粉を入れてまぶし、袋のまま衣づけまで完了します。

副菜は「すぐ出せるもの」を置いておく

すぐ出せるもの出典:stock.adobe.com

副菜はメインよりも手間をかけない、これは鉄則です!
よく使うのは、カットサラダ・豆腐・納豆など。
コンビニで100円程度で手に入るかっとサラダも、安くて便利な時短食材のひとつです。

時間がないときは簡単にボリュームが出せるお肉系のメインおかずになりがちなので、洗わずにそのまま出せるカットサラダがあると重宝します。

下準備すれば「帰宅後10分」で夕食に

「帰宅後10分」で夕食に出典:stock.adobe.com

おでかけした日、外食に頼りたくなるのは「自炊がめんどくさい」という理由がほとんどです。
簡単に出せるよう下準備をしてから家を出れば、この問題はクリアできます。
外出した日や予定のある日は、帰宅後いかに手間抜きするかが重要!
出発する前にできることをやっておくと、帰宅後10分で夕飯が完成しますよ。

広告

著者

三木ちな

三木ちな

クリンネスト1級の資格を保有し、お掃除のプロとして掃除の知識と技術を発信する、子ども3人のママライター。時短家事スペシャリストを受講し、家事や仕事で忙しい人でも「簡単にできるお掃除方法」を得意とする。 また、節約生活スペシャリストとして、食費2万円台で暮らす節約術や、ふるさと納税、業務スーパーのお買い物術などみんなが知りたい情報をいちはやくキャッチしお伝えしています。 腸活アドバイザーの資格を活かし、節約術だけでなく、カラダにいい食費節約術も発信中。

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告