油で揚げなくていい「焼き天ぷらの素」を使ってみた。気になるお味は?

料理・グルメ

2023.08.28

気温が高い夏、揚げ物をつくるのは大変です。 しかしその気持ちとは裏腹に、暑い日だからこそ揚げ物が食べたくなることもあるでしょう。 ここでは、そんな日に試してほしい、「焼き天ぷらの素」を紹介します。

広告

揚げずつくれる!?「焼き天ぷらの素」

焼き天ぷらの素

たっぷりの油で揚げてつくる「天ぷら」。
油の処理や調理中の熱さで、夏につくるのは億劫になりがちなメニューのひとつです。
そんな天ぷらを、”揚げずにつくる”画期的な商品をスーパーで見つけました。

「もう揚げない‼」と書いてある通り、少ない油でかんたんに調理できる優れものです。
価格はスーパーによって異なりますが、私は1袋138円(税込)で購入しましたよ。

焼き天ぷらの素(粉)

素を見てみると、ふつうの天ぷら粉となんら変わりません……。
これで本当にサクサクの天ぷらができあがるのか、実際につくってみることにしました。

材料

・焼き天ぷらの素(1袋)※120g
・水(2分の1カップ強) ※120ml
・お好みの具材
・少量の油 ※大さじ3程度

素1袋でつくれる目安量は…

焼き天ぷらの素(裏面)

さつまいも・なす・かぼちゃ・れんこんが各3枚ずつに、直径7cmのかき揚げが5枚ほど。
2~3人で食べきるのちょうどよい量です。

カットしたピーマン・ささみ

今回は、ささみ・ピーマン、かき揚げ用の野菜を用意しました。

作り方

かき揚げ用の細切り野菜

1.    野菜は5mm程度、ささみは食べやすいサイズに切ります。
  かき揚げ用の野菜は細切りにしておきます。

水と素を混ぜる

2.    ボウルに水と焼き天ぷらの素をいれて混ぜ合わせます。

フライパンに油をしいて、温める

3.    フライパンに油をまんべんなくしき、30秒温めます。

フライパンに生地をつけた具材を並べる

4.    (2)でつくった生地を縦に3回ふってまぶし、余計な生地ををおとしてからフライパンに並べます。

完成した焼き天ぷら

5.    中火で約3分焼き上げたら、裏返してさらに3分焼けばできあがり!

生地はまだまだ余っているので、食材によっては記載の目分量よりも多くつくれそうです……!

ザクザクの衣がクセになる!

それでは実食。そのお味は……?

ピーマンの焼き天ぷら

ザクッ!とした食感で、天ぷらと思えないくらい衣がかるいです!
調理に使っている油の量が少ないからか、ほどよいオイリーさ。
ふつうの天ぷら粉で揚げ焼きすると、食感がべちゃっとするのですが、焼き天ぷらの素はカラリと揚がります。

このところ、揚げ物を食べると胃もたれすることが多い私も、さっぱりと食べられる焼き天ぷらは大ヒットです!

「節約・手間抜き・失敗なし」で一石三鳥!

焼き天ぷら

通常は、鍋に3~3.5cmほどの深さが油が必要。
24cmのフライパンでつくると、その量はなんと約800mlにもなります。

「焼き天ぷらの素」なら、油の量は大さじ3杯ほどでOKです。
油の価格が高騰しているなか、食費の節約になるうえに、後処理もラク。
油はねもほぼないので、天ぷらをつくるハードルがぐんと下がりました。

油・手間・カロリーをおさえつつ、失敗せずにつくれる「焼き天ぷらの素」、私はリピート確定!
気になる方は、ぜひお近くのスーパーで探してみてくださいね。

広告

著者

三木ちな

三木ちな

クリンネスト1級の資格を保有し、お掃除のプロとして掃除の知識と技術を発信する、子ども3人のママライター。時短家事スペシャリストを受講し、家事や仕事で忙しい人でも「簡単にできるお掃除方法」を得意とする。 また、節約生活スペシャリストとして、食費2万円台で暮らす節約術や、ふるさと納税、業務スーパーのお買い物術などみんなが知りたい情報をいちはやくキャッチしお伝えしています。 腸活アドバイザーの資格を活かし、節約術だけでなく、カラダにいい食費節約術も発信中。

【在宅勤務】「saita」編集者を募集中!

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告