食費が少ない人の「買い物前ルーティン」【5人家族・月の食費2万円台の達人に学ぶ】

働く・学ぶ

stock.adobe.com

2023.10.15

この秋も、食料品の値上げが家計へ大打撃をあたえています。 値札を見て驚いているのは、きっと私だけではないはず……。 もしかするとスーパーに行く前の行動しだいで、食費が減らせるかもしれません。 ここでは、私が買い物前にやっている5つのことをご紹介します。

広告

冷蔵庫の中を見る

冷蔵庫を見る出典:stock.adobe.com

買い物前に必ずやっていることのひとつが「冷蔵庫の中を見ること」。
家にある食材を確認することで、二重買いはもちろん、使いかけのロスを防止できます。

冷蔵庫とあわせて、パントリーにある買い置きも再確認。
家にある食材で乗り切れそうなときは、買い出しよりも使い切ることを優先してスーパーへ行く日は延期です。

買い出しの前に冷蔵庫をチェックするクセをつけると、食材が余ることなく使い切れるので、食費効果は大きいと感じています。

家族の予定をチェックする

家族の予定をチェックする出典:stock.adobe.com

家族の用事によっては、「買わなきゃいけないもの」が週によって変わります。
子どものお弁当日があるときは、おかず向けの食材が必要。

逆に、おでかけする予定があるときは、料理をつくらなくていい日も出てきます。
食材が足りずにスーパーへ出戻ったり、買いすぎて余らせてしまったりすることのないよう、スケジュールの確認は意外と重要です。

残りの食費予算を確認する

残りの食費予算を確認する出典:stock.adobe.com

「食費予算がいくら残っているのか」を確認することも、忘れてはいけません。
今月いくら使って、いくら予算があるのかを確認せずに買い物をすると、つい買いすぎて予算をオーバーしていまいます。

残食費を計算して、1回のまとめ買いに使える予算を決めてからスーパーへ行く。
これだけで「月初に使いすぎた」「月末に予算が残ってない」と慌てることもありません。

買うものリストをつくる

買うものリストをつくる出典:stock.adobe.com

スケジュールを確認し、予算を決めたら、スーパーで買うものをメモします。
まとめ買いだと1回の購入量が多いので、買い忘れしやすいんです。

必要なものを漏れなく効率よくカゴに入れるには、「買い物リスト」が必須!
スマホのメモ機能を使うと、購入したものにチェックを入れられるので確認しやすいです。

お菓子をひとつ食べる

お菓子をひとつ食べる出典:stock.adobe.com

スーパーで買い出しをするときは、「空腹」が一番の敵!
お腹が空いていると、店内にあるお惣菜やスイーツ、新商品などの誘惑につい負けてしまいそうになります。

そこで私は、でかける前にお気に入りのお菓子をひとつ食べるのがルーティンです。
おやつを食べてほっと一息ついてからでかけると、心が満たされるからかムダ買いは減った気がします。

買い物のひと手間で食費が変わる

買い物のひと手間で食費が変わる出典:stock.adobe.com

「そろそろ買い出しに行こうかな」と思ったら、出かける前に少しだけ行動してみましょう。
家の在庫や予定をチェックしたり、買うものリスト化したり……。

少しの手間が、大きな節約につながります。
ルーティン化してしまえば、一連の流れが“あたりまえ”になって、手間だと感じなくなりますよ。

広告

著者

三木ちな

三木ちな

クリンネスト1級の資格を保有し、お掃除のプロとして掃除の知識と技術を発信する、子ども3人のママライター。時短家事スペシャリストを受講し、家事や仕事で忙しい人でも「簡単にできるお掃除方法」を得意とする。 また、節約生活スペシャリストとして、食費2万円台で暮らす節約術や、ふるさと納税、業務スーパーのお買い物術などみんなが知りたい情報をいちはやくキャッチしお伝えしています。 腸活アドバイザーの資格を活かし、節約術だけでなく、カラダにいい食費節約術も発信中。

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告