知らないと後悔する「掃除機の間違ったかけ方」

家のこと

stock.adobe.com

2023.10.16

一家に一台は必ずある、王道の生活家電と言えば「掃除機」でしょう。 家を清潔に保つために欠かせないものですが、じつは使い方にはちょっとしたコツが……。 ここでは、何気なくやってしまいがちな「掃除機の間違ったかけ方」をご紹介します。

広告

間違いその1.換気をする

換気をする出典:stock.adobe.com

「さぁ、掃除を始めるぞ!」というとき、換気をするために窓を開けることはありませんか?
じつはこれ、やってはいけないことのひとつです。

換気をすると風通しがよくなって、室内のほこりが外に出ていく……。
かと思いきや!風によってほこりが舞い上がり、掃除効率が悪くなってしまいます。

掃除機をかけ終えた後に、空中を散歩していたほこりがカムバック。
これでは、せっかく掃除をしても部屋がそれほどきれいになりません。

掃除の一歩目は、換気ではなく「掃除機がけ」です。
ある程度かけ終わった後に、窓を開けて空気を入れ換えましょう。

間違いその2.力任せにごみを吸い取る

力任せにごみを吸い取る出典:stock.adobe.com

ごみがなかなか吸い取れないとき、ヘッドを思いきり押しつけていませんか?
掃除機は力を込めて使っても吸引力は上がりません。

むしろ、ヘッドを床に密着させすぎるとごみを吸い取りにくくなるので、かえって逆効果。
掃除機は軽い力加減で、流れるようにすーっとかけるのが理想的です。

間違いその3.掃除機を押し続ける

掃除機を押し続ける出典:stock.adobe.com

掃除機をかけるとき、ついつい前に「押す」動作ばかりしてしまいますが、これもNG行動のひとつ。
ごみを吸い取る力は、押すときよりも「引く」ときに大きくなります。

大切なのは、押し引きです。
押して引いてを繰り返しながら掃除機をすべらせると、ごみを効率よく吸引できますよ。

間違いその4.トイレの床を事前に拭かない

トイレ掃除出典:stock.adobe.com

トイレ掃除にとりかかるとき、いきなり掃除機をかけるのは避けましょう。
床には、飛び散った尿や手洗い場の水はねなど、いろいろな汚れが付着しています。

こういった汚れが残ったままの状態で掃除機をかけると、どうなるでしょうか?
床だけでなく、掃除機のヘッド部分にも汚れが広がってしまいます。

トイレの床は、まず拭くことから。
飛びはねた尿や水をきれいに拭きとってから、掃除機をかけるのが正解です。

正しいかけ方で効率アップ

間違ったかけ方に思い当たる節がある方、まだ遅くはありません。
今日から少しだけ、掃除機のかけ方を変えるだけでOK!
正しい掃除機がけで家事効率をアップして、家事ラクにつなげてくださいね。

広告

著者

三木ちな

三木ちな

クリンネスト1級の資格を保有し、お掃除のプロとして掃除の知識と技術を発信する、子ども3人のママライター。時短家事スペシャリストを受講し、家事や仕事で忙しい人でも「簡単にできるお掃除方法」を得意とする。 また、節約生活スペシャリストとして、食費2万円台で暮らす節約術や、ふるさと納税、業務スーパーのお買い物術などみんなが知りたい情報をいちはやくキャッチしお伝えしています。 腸活アドバイザーの資格を活かし、節約術だけでなく、カラダにいい食費節約術も発信中。

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告