「消しゴム」で落ちる“意外な場所の汚れ3選”

家のこと

2023.12.25

文房具の消しゴム、じつは掃除にも使える万能なグッズです。 書き間違いを消すのと同じ要領で、家中の汚れを落とすことができますよ。 ずっと気になっている黒ずみも、消しゴムひとつで撃退できるかもしれません。 ここでは、「消しゴムで落とせる汚れ」をご紹介します。

広告

1.壁紙の黒ずみ

壁の黒ずみ

気づかぬうちに、壁に汚れがついていることはありませんか?わが家の壁にも、階段のつきあたりに大きな黒ずみができていました。なぜこんなに目立つ汚れがついたのか、原因不明です(笑)。

壁の黒ずみを消しゴムでこする

消しゴムでやさしくこすってみると……。

黒ずみが落ちた壁紙

さすがに新品同様の壁紙とまではいきませんが、ぱっと見て目立つ黒ずみの退治に成功です!
壁の凹凸に入り込んだ汚れまでは取れないけれど、見た目はだいぶマシになりました。

2.スニーカーのソール汚れ

靴ソール部分の汚れ

汚れは気になるけれど、頻繁に洗うのは難しい……。
そんなスニーカーのソール汚れにも、消しゴムが役立ちます。

ソールを消しゴムでこする

ソール部分を消しゴムでこすっていくと……。

きれいになったソール

汚れが剥がれ落ちて、元の白さに近い色を取り戻しました。
子どもの上靴や長靴など、ゴム素材の靴の汚れは比較的落ちやすいです。

3.油性ペンの落書き

机の落書き

こちらも、いつの間にか増えていた机の落書き。
「机には書かないように」と見張っているのですが、子どもたちは油断も隙もありません。

落書きを消しゴムでこする

そんな、油性ペンの落書きも……。

消しゴムで落ちた落書き

消しゴムでこすると、かなり薄くなりました!
鉛筆ではなく油性ペンでも、しっかり落とせることに感動です。

消しゴムでこすった後は、水拭きするとよりきれいになりますよ。

消しカスの処理もお忘れなく!


削り落とすのに時間がかかるため、消しゴムは狭い範囲や小さな汚れの掃除に向いています。家中の黒ずみやちょっとした「軽度な汚れ」を見つけたら、消しゴムでやさしくこすってみましょう。床に落ちた消しゴムのかす

ただし、消しゴムを使った後は当然「消しカス」が出るので、後掃除も忘れずに行ってくださいね。

広告

著者

三木ちな

三木ちな

クリンネスト1級の資格を保有し、お掃除のプロとして掃除の知識と技術を発信する、子ども3人のママライター。時短家事スペシャリストを受講し、家事や仕事で忙しい人でも「簡単にできるお掃除方法」を得意とする。 また、節約生活スペシャリストとして、食費2万円台で暮らす節約術や、ふるさと納税、業務スーパーのお買い物術などみんなが知りたい情報をいちはやくキャッチしお伝えしています。 腸活アドバイザーの資格を活かし、節約術だけでなく、カラダにいい食費節約術も発信中。

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告