【運が逃げる5つの習慣】運を「味方にできる人」と「できない人」の違い。

カルチャー

stock.adobe.com

2024.04.10

運を味方にできる人とできない人。その違いは何だと思いますか? 心理学や脳科学に詳しいマインドトレーナー田中よしこさんによると、日々の習慣や思考パターンが運に影響を与えることもあるのだそうです。今回は「運が逃げてしまう人の5つの習慣」を教えていただきました。

広告

教えてくれたのは……マインドトレーナー 田中よしこさん

マインドトレーナー 田中よしこさん

株式会社コレット代表取締役。心理学・脳科学、コーチングの知見を取り入れ、「自分を本当に知る」ことをメソッド化。個人セッションやセミナーなどを中心に、潜在意識を整え、本心と「未来の理想の思考」を引き出す方法を伝えている。著書に『自分の気持ちがわからない沼から抜け出したい』(KADOKAWA)がある。

運が逃げてしまう人の「5つの習慣」

運が逃げてしまっている人は、“自分を見失いがち”な毎日が習慣化されている人です。運運が逃げてしまう習慣と、運を呼び戻すために何をするとよいのかをお届けします。

1.完璧主義思考

完璧主義出典:stock.adobe.com

すべてにおいて「良い成果を出さなければ」「良い自分を見せなければ」と、思っている人はいませんか?

成果を出す、自分を良く見せることは、いいことのような気がするかもしれませんが、実は運が逃げる思考パターンでもあります。

すべてにおいて、完璧な人はいません。良い自分だけに執着すると、自己否定の材料になるため、疲れてきたり、すべてのことが面倒になったりして、新しい経験や行動を避けてしまうようになるのです。

「〇〇ができて良かった」「ここまでできた」と、良い部分を認める思考を重ねることで、幸運体質に変えることができます。完璧を目指して疲れている人は、思考パターンを見直してあげましょう。

2.お気に入りの場所が汚い

あなたの家で一番落ち着く場所はどこですか? その場所は今どのような状態でしょうか?

お気に入りの場所は整える出典:www.photo-ac.com

もし、物が山積みで散らかり放題……なんてことになっていたら、お気に入りの場所だけはスッキリできる状態に整えてあげるのをオススメします。「落ち着くな」「気持ちがいいな」と思える場所があることは、思考も気持ちもスッキリできるので、とても大切です。

自分にとってのリラックススペースが整えられていないと、無意識に“自分はお気に入りの場所を大切にできない人”という刷り込みにもつながります。できることから、片づけを始めてみませんか?

3.「人のせい」にばかりする思考パターンを使う

運が逃げてしまう人は、自分の思い通りにならないことがあると“自分以外のせい”だと考えてしまいます。

人のせい出典:stock.adobe.com

私たちは生きている限り、ミスもしますし、トラブルにもあいますし、予期しない出来事にも遭遇します。

ですが、そういった事象を自分なりに考えたり受け止めたりすることで、本当の意味で成長し、次のステージへと進むことができます。つまり、自分なりに対処することが運気を上げるチャンスをつかむことにもなるのです。

例えば、トラブルが起こった会社の経営者で「消費者のせいにしている人」と「自分達の責任を認めて対処する人」。どちらが成長や信頼を集めると言えるのか、考えてみると分かりますよね。
このように、自分の責任だと思えることが、運をつかむ第一歩でもあるのです。

4.他人と比較する

他人との比較出典:stock.adobe.com

最初に触れたように、運が逃げてしまっている人は“自分を見失いがち”な人です。
他人と比較ばかりしていると、フォーカスするのが他人で自分の優先順位が下がるため、やがては自分を見失ってしまう生き方になります。

こうなると、自分にとって何が幸運で、何が不運なのかも曖昧に。それは非常にもったいないことです。

比較は「過去の自分とだけ」と決めると、他人の価値観から解放されます。誰かと比べそうになったら、過去の自分との比較に切り替える習慣を身につけましょう。

5.言い訳して決断しない

言い訳して決断しない出典:www.photo-ac.com

運を逃がしている人は、「無理」「難しい」「お金がない」「自信がない」「忙しい」といった言動が多いです。これらは決断を避けるための言い訳であって、本当の理由ではないことに気づいていますか?

決断を避けると得られるもの、それは現状維持です。運が逃げてしまっているのではなく、自分自身で運を逃がしている状態。

運がいい人は、言い訳の代わりに決断をします。運がいい人も、そうでない人と同じくらい失敗や楽しくない経験をしていることが研究でも分かっています。
運がいい人は、決断と行動を繰り返すことで経験と知識を広げ、失敗から学んだ対処法やパターンを理解するため、成功する確率が高まるのです。

四つ葉のクローバー出典:stock.adobe.com

決断しないで今のままでいるか、決断して経験を楽しもうとするのかで、未来の運は大きく変わります。自分がもっている習慣を見直してみてくださいね。

広告

著者

shukana

shukana

小学生、幼稚園児の男の子のママ。出産前まで紳士服業界に携わり、TES(繊維製品品質管理士)の資格を取得。 暮らしをより楽しく、よりラクに過ごすための方法を日々模索中です。

【在宅勤務】「saita」編集者を募集中!

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告