相談、悩みがあるときに「ケンカにならずしっかり対話ができる夫婦」に共通する3つの特徴

家族・人間関係

www.photo-ac.com

2024.05.13

こんにちは! 家事シェア研究家の三木です。 「夫婦で対話をしよう」とはよく言いますが、「それができないから、困ってるんだ!」って思いますよね。 今日は、これまで僕がたくさんのご夫婦から話を聞く中で見つけた、3つの共通点をお伝えします。

広告

対話の前に、ふたりで過ごす時間を楽しくする

「ふつうに夫婦で色んなことを話してます!」という人達に共通しているのは「そもそもふたりで過ごす時間が楽しい」ということ。
子どもを交えた家族で過ごす時間も、もちろん楽しいけど、夫婦だけで過ごす時間もそれとはべつに楽しい。

夫婦出典:stock.adobe.com

共通の趣味がある人もいれば、カフェでお茶しながら話すだけで楽しいって人もいるし、お酒が好きだから一緒に飲みに行ったり、子どもが寝てから家で美味しいお酒を一緒に飲むのが至福の時間って人もいました。

夫婦で大切なことを話せる関係をつくるには、普段の関係がとても大事です。いざというときになって「あの…大事な話があります…」と切り出しても、お互いしんどい。

そのまま話したいのに話せないまま、時期を見失ってしまうと、それは「わかってくれなかった」「言えなかった」というわだかまりとなって心の中に残ってしまいます。

「対話ができない」と悩んでいるなら、対話をはじめる前にまずは、夫婦で一緒に楽しく過ごす時間を少しずつ作ってみるのがオススメ。

そんな難しく考えなくてもいい。子どもが小さいなら、子どもを預けてランチを一緒に食べに行くとか。夜一緒に好きなネットフリックスや映画を見るとか。僕は、妻と一緒にカフェに行ったり、ちょっと散歩をしたりする時間がとても好きです。

そして、そうした時間は、家事育児の課題を話し合うよりも、まずは子どものかわいいところをウキウキしながら話たり、お互いの仕事の話を聞きあったりしてみるのがオススメ。

対話の前に、対話ができる関係構築です!

対話のチャンスはいつでもある!

「対話の時間を定期的に作っています」というご夫婦もいますが、むしろ多かったのは「そのとき思ったら話をします」という人。
そういう人たちにとって、対話はあくまでも日常的なこととなっているようです。

夫婦出典:stock.adobe.com

家事のことにしても、子どものことにしても。「話さなくちゃな…」と思いながら時間が経ってしまうと、問題もわだかまりもドンドン大きくなってしまいます。

すると、話は複雑になり、言いたいことも溜まり、しっかりと時間を作らなければ話が進まなくなってしまう。

そうなってしまう前に、問題は小さなときに芽を摘んでしまえば、案外簡単にスッキリ解決できてしまったりします。

じつは、対話のチャンスはいつでもあるのです。

だけど、話をしようとすると相手が不機嫌になってしまう……なんてこともあるかもしれません。

どうやって話をしたらいいのでしょうか?

一方的に意見を言わず、一緒に考える!

対話を嫌がる理由は人それぞれかもしれませんが、パパたちからよく聞くのは「ダメ出しされると面倒くさい」ということ。

そもそも対話だと思っていないんですね。対話じゃなくて「ダメ出し」。そりゃ、ひたすらダメ出しされるんだったら、誰だって話なんてしたくありません。

でも、対話を上手にしている人たちは「ダメ出し」なんてしていませんでした。
不満や、問題があったときは「その問題をどうやったら解消できるか」を相談していたんです。

夫婦出典:stock.adobe.com

たとえば、夫の帰りが遅くて家事の負担が大きいのが辛いとき。
それをそのままぶつけただけだと「悪いと思ってるよ、だけど仕事が終わらなくてさ。もっとがんばるよ」みたいに、何も解決しません。

だから「どうすれば、楽になれるか一緒に考えて欲しい」と相談しているのです。

一緒に解決策を考えていけば、「洗い物は帰ったら俺がやるから、そのまま置いておいていいよ」とか「片付けや掃除は土日にみんなでやるようにしてもいいんじゃない」とか、アイディアが出てきます。

それに対して「何もわかってないくせに、わかったふうなアドバイスなんていらない!」と思うなら……。そう考えてしまうことで、どんどん自分だけで抱え込むことになってしまいます。いったん、そういった気持ちは外に置いて、一緒に考えてみましょう。まとはずれな意見もあるかもしれませんが、いいアイディアだってきっと出てくるはずです。

広告

著者

三木智有

三木智有

NPO法人tadaima!代表 日本唯一の家事シェア研究家/子育て家庭のためのモヨウ替えコンサルタント。著書に『家族全員自分で動く チーム家事』がある。

【在宅勤務】「saita」編集者を募集中!

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告