暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【2wayなのに10分で作れる!】簡単ハンドメイドイヤリングの作り方❤️

noanoah

着けるだけで華やかになれる大ぶりなアクセサリー。

いまやファッションのアクセントとして欠かせない存在になりましたよね☻

肌に身に付けるものだからこそ、
手作りするとより愛着がわくもの。

そこで今回は、人気の大ぶりイヤリングの作り方をご紹介したいと思います!

と言っても、なんと製作時間は10分。
そして2wayで使えるのに材料費は約¥1000なんです❤️

では早速スタート!

材料は写真のものを使います。

もちろん色やパーツはお好きなものにアレンジしてもOK!

筆者は全て貴和製作所で購入しましたが、
最近はセリアなどの100均でもハンドメイドコーナーが充実しているので費用を抑えるのに活用するのも手です。


この他に、工具としてペンチ・ニッパー・レジン液&UVライト(もしくは接着剤)を使います。

レジン液も100均で調達できますよ◎

作業はとっても簡単。慣れたら10分で作れます!

①Tピンにアンティーク風ビーズ→ベロアビーズの順に通します
②先端を5mmくらい残してニッパでカットし、ペンチの先でくるっと丸めます
③丸めた先をちょこっと開いて、リングパーツを付けたらパーツが完成!
④ゴールドのサークルパーツの裏にレジンまたは接着剤を塗って、パールカボションを貼り付けます

⑤さらにカボションの裏にイヤリングパーツを貼り付けたら完成です!

カジュアルにもフォーマルにもok!

大ぶりなパーツを使っているので華やかな印象に❤️
揺れるパーツはイヤリングのネジ部分を通して引っ掛けているので、
取れることもありません☻

パールカボションだけにすればフォーマルにも使えますよ✨

いかがでしたか☻?

簡単なステップで作れるのでハンドメイド初心者さんにもぴったり!

ぜひ挑戦してみてくださいね❤️

前日の全体記事ランキング

1

夏マスクの涼しさ徹底比較!ユニクロ、イオン、無印良品、ハッカスプレー4種類のマスク、それぞれの使い心地は

今年の夏は、“うつさない、もらわない”新しい生活様式として、マスクの着用が求められています。暑い季節は汗をかいて蒸れたり、息苦しさを感じたり、不快な思いをしてマスクストレスを抱えている方も多いのではないでしょうか。 そこで試してみたくなるのが、つけ心地が涼しく、夏でも快適だとウワサのマスク。「購入したいけれど、どれがいいのかわからない!」という方のために、①ユニクロの「エアリズムマスク」、②イオンの「PASTEL MASK(パステルマスク)洗って使える3Dマスク」、③無印良品の「繰り返し使える2枚組・マスク(サッカー織り)」に加え、④使い捨ての不織布マスクにハッカスプレーを吹きかけたもの、の4つのマスクを実際につけ、どのマスクが快適に感じるのかを比較してみました。夏用マスクの購入を検討中の方は参考にしてみてくださいね。

2

夏のインナー徹底比較!ユニクロ、GU、イオン、ヨーカドーのインナーを涼しさ・着心地・脇汗対策で分析

いよいよ気温がグッと上がる真夏の到来! 洋服と一緒に“インナー”も夏用のものにかえて、暑い毎日を快適に過ごしたいですよね。 各ショップで、年々バリエーションが増える夏のインナー。「一体どれを選べばいいの?」「違いはあるの?」と、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、大手メーカー4社であるユニクロ、GU、イオン、イトーヨーカドーの夏用インナー(白キャミソール)をそれぞれ実際に着用し、涼しさや着心地、ニオイと脇汗対応、デザイン性、サイズ感などを比較してみました。よかったら、参考にしてみてくださいね!

3

ホコリだらけのデッドスペースが収納スペースに!スタイリッシュで使いやすいおすすめ収納アイテム3選

リビングテーブルの上に、いつも家族のものが置いてありごちゃごちゃ……。片付けたくても収集つかなくて困っている方もいるかもしれませんね。そんなときには、普段デットスペースになっている場所が収納スペースになるかもしれませんよ。今回はリビングに散らかりがちな小物を収納できる便利グッズをご紹介いたします。

4

ハッカ油広報担当者に聞いた!猛暑をしのぐためのハッカ油の使い方3選

いよいよ夏本番。今年はマスクを着けているぶん、体感温度を高く感じそうですね。 そんなこの夏におすすめなのが、「ハッカ油」。 すっきり爽やかな香りが、夏のくらしを快適にしてくれます。 北海道北見市でハッカ油の製造卸ひと筋の株式会社北見ハッカ通商に、 ハッカ油を使った夏のくらしのアイデアを教えてもらいます。

5

エアコンをつけているときの換気は?ダイキン担当者に聞く、節電しながら上手な換気方法とは

2020年の夏は新型コロナウイルス対策としてこまめな換気が欠かせません。その一方で温かい空気が室内に流れ込み、室温が上昇することから、熱中症にも気をつけなければなりません。 そこで、今回はコロナ禍における熱中症対策と空調メーカー・ダイキンが考える夏の効率的な換気を取り上げていきます。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP