暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【料理の知恵】茹で汁は使い回そう!青菜→じゃがいも→卵と「3度美味しい!」「時短でラク」になる家事術

saitaPULS編集部

【使い方その2】先ほど茹でたじゃがいものゆで汁で、さらに卵を茹でてみた

じゃがいもを茹でた後、卵を茹でてみました。若干表面がベトベトしますが、食感に何ら影響はありません。気になる人は洗うといいと思います。

ゆで卵は、料理の中で黄色のアクセントになります。サラダのトッピングとしてのせるだけでもちょっと特別感が出て、子どもたちも大喜び! また、鶏手羽や豚のばら肉と大根の煮物などにゆで卵を入れて半分に切って盛り付けるとアクセントになる上、肉類が少ないときの救世主になります。これからの季節のおでんにもゆで卵は欠かせません。

というように、ゆで卵が余計にあるだけでも食卓の色どりが鮮やかになるのです。10個入り1パック200円とすると、1個あたり20円です。その値段で良質のたんぱく質もとれて食欲をそそる彩りを添えてくれる、優秀な食材です。

「いかに楽するか?」を考えながら家事をするのが大事!

出典:www.photo-ac.com

一つ一つの動作は小さくても、毎日毎食作る料理の手間はちりも積もれば山となります。少しでも効率的に家事を進めるには「気づき」が必要!

当たり前を当たり前と思わず、「こうしたら、もっとうまくいくんじゃないか?」と考えながら家事をすることで、発見したときの喜びににんまりしてしまいます。自分も楽ができて、かつ節約になるなんて夢のような話ですよね。

お金を使わず頭を使う!某国営放送の○コちゃんじゃないですが、「ボーっと生きてんじゃねえよ!」です(笑)。一石二鳥、出来ることなら一石三鳥を目指して日々の生活を楽しんじゃいましょう。

ただし、調理済みの食材の傷みは早いもの。なので、忘れずに1~2日のうちに使い切ってしまうようにしましょう。そのほうが「あ!忘れてた!」という事態を防ぐことになり、食材を無駄にしないで済みますよ。

文/堀田馨

  • 3
  • /
  • 3

前日の全体記事ランキング

1

【ダイソー】こんなの欲しかった!主婦が考えた”ちょこっとまな板”

SNSでも話題沸騰のとっても便利なダイソーの「省スペース多機能まな板」 購入してみましたのでさっそくレビューしていきますね!

2

【3COINS】トレンドカラーの撥水エコバッグが可愛すぎる

最近、買物袋が有料化しているので、エコバッグを持ち歩いている方も多いと思いですよね。 さらに2020年7月1日からは全小売店でレジ袋有料化がスタート! なんとコンビニでも適用されます。これからますますコンパクトに折りたためて、丈夫な使い勝手のいいエコバックが必要になってきますね。3COINSで見つけた「撥水エコバッグ」はそんなニーズを満たしていて、さらにトレンドカラーでとてもおしゃれ。さっそくご紹介します!

3

【ワッツ】「前髪カット用クリップ」は子育てママが求めていた神グッズだった!

おうちで子どもの前髪をカットしてあげるのってけっこう難しいですよね。切りすぎてしまったり、切った毛が目に入ってしまったり……。そんな悩みを解決する便利グッズをワッツで発見しました! さっそくご紹介します。

4

オーブン不要!材料3つで作れる不思議食感の「生チョコクッキー」が止まらないおいしさ

YouTubeをメインに簡単レシピを紹介している、てぬキッチンさん考案の生チョコクッキー! オーブン不要、そして材料はたったの3つでとても簡単に作れちゃいます。外出自粛ムードで家にいることが多いので、さっそく作ってみました。

5

3ステップで完成!平日ラクちん作り置きレシピ【ごはん&主菜編】

「コロナウイルス対策のため、家族全員が自宅待機になって、毎食の料理作りが大変」という方々、「気づけば常にキッチンに立っている」なんてことありませんか? いくら簡単なものばかりにしているつもりでも、ずっと料理を作り続けるのは意外と疲れてしまいます。そんな皆さんにご提案! 週末や時間のあるときに「つくりおき」しましょ! スーパーに行ったらまとめて食材を購入し、作り置きしておきましょう。食材も新鮮なうちに調理できますよ。 簡単にできる作り置きレシピを紹介します。今回は【炊き込みご飯&主菜編】!

この記事をシェアする

TOP