暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

もしも目の前で人が倒れたら?知っておきたい救命の流れ

間野由利子

知っておきたい「救命の流れ」4ステップ

出典:『地震イツモマニュアル』ポプラ社 P103

心肺蘇生の際にやるべきことをまとめておきます。

  1. 周囲の安全確認をして倒れている人の意識と脈を確認。脈がある場合は1分間でどれくらいか数え、ない場合は呼吸を確認。同時に、そばにいる人に頼んで「119」で救急車を手配&AEDを取に行ってもらう。救急車には、住所がわかれば正確な番地を伝え、わからない場合は目印になる近隣の建物や駅名、交差点名などを伝える。
  2. 呼吸がない、もしくは異常な呼吸をしている場合は胸骨(胸の真ん中)圧迫を30回行い、心肺蘇生を試みる。次に人工呼吸を行う。この際、感染症予防のためにマウスピースなどがあるとベスト。胸骨圧迫と人工呼吸を繰り返す。
  3. AEDが到着したら音声ガイダンスに従って、AEDを使う。
  4. 救急車到着を待ち、患者が意識を失くしたときの状況や救急車が到着するまでの間に行ったことを救急隊員に伝える。


いざというとき慌てないために持ち歩きたい一冊

出典:www.poplar.co.jp

書籍『地震イツモマニュアル』には、「救命の流れ」以外にも心肺蘇生法、AEDの使い方、止血の応急手当などがイラストつきで紹介されています。ポケットサイズのミニ本なので、1冊カバンの中に入れて持ち歩けば迷いなくすぐに行動に移せます。また、オビを蛇腹に折ると、お財布などに入れて持ち歩けるミニ防災マニュアルになります。
すぐにその場で応急手当をすることで、助かる命もあります。いざというときにあわてないためにも、基礎知識をつけておくことが自分や自分の大切な人を救うことになるかもしれません。


『地震イツモマニュアル』
編/地震イツモプロジェクト
絵/寄藤 文平
監修/NPO法人プラス・アーツ
定価:660円(税込)
詳細・購入はポプラ社HPから

 

  • 2
  • /
  • 2

前日の全体記事ランキング

1

Twitterで話題!扇風機にアレを取り付けるともっと涼しくなる!?試してみた

今年の夏も本当に暑いですよね。 この暑さをしのぐために、いろいろなグッズなどが販売されています。 そんな暑さをしのぐ簡単な方法が、Twitterで話題になっています。 それは、扇風機にあるものをセットする方法です。 実際に試してみました。

2

「家が狭い」「モノが多い」「時間がない」それでも住まいをすっきり保つための“片づけ マインド”とは?

「スモールスペースを最大限に活用して、狭くても快適な暮らし」を提案している、ライフオーガナイザー®のさいとう きいさん。「家が狭い」「モノが多い」「時間がない」というさいとうさんが、心地よい住まいを維持するために心がけている“片づけマインド”を教えてくれました。

3

【整理収納アドバイザーが伝授】いつでも必要なモノがサッと取り出せる!カバンの整理術

外出先でカバンの中をガサゴソ……お目当てのモノが取り出せなくて、イライラ…… そんな経験ありませんか?カバンの中は、必要なモノだけを入れ、きちんと整理しておきたいですよね。いつも使っているカバンこそ中身をしっかり管理・整理することで、外出先でも気持ちよく過ごせるのではないでしょうか。そこで今回は、整理収納アドバイザーの筆者がカバンの中の整理術をご紹介します。

4

この夏はメルカドバッグが大人気!雨の日の憂鬱を吹き飛ばす「水に強くてオシャレなバッグ」3選

雨の日、お気に入りのバッグが濡れてガッカリしたことはありませんか? 濡れたバッグを持ち歩くのも憂鬱ですよね。今回は、雨の日や水辺にぴったりの「水に強いバッグ」をご紹介します。どれも可愛くて普段使いしてもおしゃれなので、ぜひ参考にしてください。

5

【SNSで話題】リュウジさんレシピ作ってみた!10分「チン!」で完成の「鶏チャーシュー」がこく旨!

忙しい日々の中で、毎食の献立を考えながら作るのはひと苦労。今回は少ない材料と電子レンジでパパっと作れてしまう、簡単おいしい「鶏チャーシュー」のレシピをバズレシピで人気のリュウジさんのtwitterで見つけました。 実際に作ってみたので、ご紹介いたします!

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP