暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【防災備蓄の必要性】 災害用じゃなくてもいい!防災備蓄で「不安を安心に」変えよう

saitaPULS編集部

一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会 代表理事の長柴美恵です。
2016年より防災備蓄のための収納プランナーを育成しています。今回は皆さんに、防災備蓄の必要性と「これだけは知っておいてほしい」ということをお伝えします。

堅苦しく考えない!防災備蓄について

出典:www.photo-ac.com

防災備蓄とは?


「防災備蓄」という言葉は聞いたことがありますか?
地震災害や風水害等の自然災害に備え、自宅や事業所にて食料品や生活必需品を蓄えておくことを言います。
万が一、大きな自然災害が発生した場合、電気や水道、ガスなどのライフラインが数日間使用出来なくなることが想定されます。「災害が起きれば行政がどうにかしてくれるだろう」と思われている方もいるかもしれません。しかし予算や保管場所の問題から、地方自治体の定める避難場所には人口全員が数日間しのげるほどの備蓄はない、というのが現実です。しかも災害状況によっては避難所自体が被害に遭うことや、避難者を収容し切れない可能性もあります。このように現実は決して甘いものではありません。そのため政府では事業所及び自宅での待機を促進しています。この際に必要となるのが各自の「防災備蓄」です。

「防災備蓄」は何をどれくらいそろえればいい?

出典:bichiku-shunou.or.jp
©一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会

「備蓄食品』は災害用にこだわらないのがポイント


実際に「防災備蓄」は何をどれだけ用意すればいいのでしょうか?
必ず用意しておきたいモノは、飲料水、食糧、トイレの凝固剤です。それぞれ1週間分以上の用意が必要です。災害後3日間は意外とどうにかなるもので、本当に困るのはそれ以降だといわれています。ですので、1週間以上を想定して用意することが大切です。
食糧と言えば長年保存可能な「災害用食品』を想像されると思いますが、備蓄食品は災害用にこだわる必要はありません。「災害用食品』も近年かなり美味しくなりましたが、毎日必要な食事ですから、食べ慣れていて好みに合うものがBestですよ。「災害用食品」でなくとも常温保存が1~2年出来る食品であれば備蓄が可能になります。
乾麺や缶詰、即席スープなどは普段の生活の中で食べなれているものがあれば備蓄用に多めに購入しておくとよいでしょう。

  • 1
  • /
  • 3

前日の全体記事ランキング

1

料理研究家リュウジさん考案の【無限キャベツ】が簡単なのにおいしすぎる♡

あと1品ほしい!でも時間がない…というとき。 シンプルで身近な材料で5分もあれば作れる、Twitterで14万以上のいいねを集める話題のレシピ「無限キャベツ」の紹介です。

2

咳で苦しい夜に試してみて!意外な方法で安眠ができるかも【動画付き】

体調を崩したとき、やっかいなのが鼻水、鼻づまり…そして「咳」。 特に夜になると咳がどんどんひどくなり、眠れなくなることありませんか? 子どもが苦しそうにしていると、本当にかわいそうで、早く止めてあげたいと思いますよね。 そんな苦しい夜の咳に試してほしい民間療法をご紹介します。

3

今が旬の大葉が大変身!「悪魔の壺大葉」は大葉が苦手な人もやみつきの味

バズレシピの料理研究家リュウジさん(@ore825)が、これからの時期旬を迎える大葉を使って、ご飯が消えたのかと思うくらい一瞬でなくなるほどおいしいレシピを紹介しています。 それが「悪魔の壺大葉」です。では実際に作ってみたいと思います。

4

あなたの家計の食費は平均値以上!? 「食費がかさんで貯金ができない」その理由と解決法とは? 

毎月の食費はいくらですか? それが使いすぎかどうか、考えたことはあるでしょうか。 それぞれの家の「暮らしやすい」状態があるので一概に言えませんが、平均よりも多いか少ないか、知っておくことは節約のためにも良いことです。 食費は毎日のことなので、節約したいと思いながらも「食費の節約は難しい」と感じている方も多いかもしれません。 今回は、家計簿・家計管理アドバイザーのあきがそんな時に考えられる「食費がかさんでしまう原因」や、「食費をあとどれくらい節約した方がいいのか」について紹介していきます。 食費について悩んでいるという方は、参考にしてみてくださいね。

5

肉汁がギュッ〜!「至高のハンバーグ」はお家でできる大満足メニューでした

コロナウイルスによる外出自粛が続き、外食で息抜きも叶わず家庭の味に物足りなさを感じている方も多いのではないでしょうか。 今回はまるでお店のような味が楽しめる、料理研究家リュウジさんの話題のレシピ「至高のハンバーグ」をご紹介させていただきます。

この記事をシェアする

TOP