暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【防災備蓄の必要性】知っておきたい災害対策の優先順位と災害後の行動時間

saitaPULS編集部

一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会 代表理事の長柴美恵です。
2016年より防災備蓄のための収納プランナーを育成しています。今回は皆さんに、地震対策の優先順位と災害後に要する行動時間をお伝えします。

災害対策の優先順位とは?

出典:www.photo-ac.com

もし災害が発生したら。その直後、何を優先して行動すればよいのかご存知ですか?

災害には、地震、台風、大火、竜巻、噴火などがあり、災害によって優先順位が異なります。しかし、共通して言えることは「命を守るための行動をすること」です。では今回は地震対策の優先順位についてお話しいたします。

①命をなくさないための備え

何よりも建物の耐震性の確保が必要です。
建物の強度は私たちの命を左右します。命を守るために一番大切な場所ですから耐震診断や耐震工事を行い、強度を高めておきましょう。建物の安全性が認められればその場で待機することが可能になります。
また、台風などの風水害は気象情報から事前に状況がわかりますので、安全対策を行う時間があります。地域の指示に従い、冷静な判断で行動しましょう。なお、大火、竜巻、噴火は瞬時な非難が必要になることがあります。いずれのためにも地域の災害情報を教えてくれるアプリの導入も有効ですよ。

②大ケガをしないための備え

©一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会

大きな地震の場合、家具類の転倒やモノの落下の防止が必要です。
背の低い家具でも足に倒れてくれば大ケガをします。頭上からの落下物は身体全体が危険です。また、食器の飛び出しによってガラスの破片が飛び散ることも想定出来ますね。大ケガをしない対策をしておきましょう。

③初期消火への備え

出典:www.photo-ac.com

消火器の用意と消火栓の確認をしておきましょう。緊急車両がすぐ動けない状況下では火災は2次災害を大きくします。早めの消火がとても大切です。しかし、身の危険を感じるほど大きな炎(高さ1M)の場合は避難をしてください。命を守るための行動が最優先です。

④生き埋めになった家族や隣人を救出するための備え

大きな災害時は、緊急車両はすぐに到着できませんので、近隣同士の救助率が最も高くなります。救出用の道具もあると良いですが、まずは一人で無理せず、協力を呼びかけるなどの行動をしましょう。

⑤被災後の生活への備え

上記の①~④において、建物も身体も無事な場合、自宅や事業所で待機が出来ます。
しかし、ライフラインが止まったり、買い物が不可能になったりします。優先順位としては最下位ですが、今後の生活や健康を守るために防災備蓄が必要になります。
目安としては、1週間分、出来れば10日以上分。水、食糧、非常用トイレは欠かせません。日頃の暮らしから必要と思うモノを平常時から備えておきましょう。

  • 1
  • /
  • 2

前日の全体記事ランキング

1

夏マスクの涼しさ徹底比較!ユニクロ、イオン、無印良品、ハッカスプレー4種類のマスク、それぞれの使い心地は

今年の夏は、“うつさない、もらわない”新しい生活様式として、マスクの着用が求められています。暑い季節は汗をかいて蒸れたり、息苦しさを感じたり、不快な思いをしてマスクストレスを抱えている方も多いのではないでしょうか。 そこで試してみたくなるのが、つけ心地が涼しく、夏でも快適だとウワサのマスク。「購入したいけれど、どれがいいのかわからない!」という方のために、①ユニクロの「エアリズムマスク」、②イオンの「PASTEL MASK(パステルマスク)洗って使える3Dマスク」、③無印良品の「繰り返し使える2枚組・マスク(サッカー織り)」に加え、④使い捨ての不織布マスクにハッカスプレーを吹きかけたもの、の4つのマスクを実際につけ、どのマスクが快適に感じるのかを比較してみました。夏用マスクの購入を検討中の方は参考にしてみてくださいね。

2

夏のインナー徹底比較!ユニクロ、GU、イオン、ヨーカドーのインナーを涼しさ・着心地・脇汗対策で分析

いよいよ気温がグッと上がる真夏の到来! 洋服と一緒に“インナー”も夏用のものにかえて、暑い毎日を快適に過ごしたいですよね。 各ショップで、年々バリエーションが増える夏のインナー。「一体どれを選べばいいの?」「違いはあるの?」と、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、大手メーカー4社であるユニクロ、GU、イオン、イトーヨーカドーの夏用インナー(白キャミソール)をそれぞれ実際に着用し、涼しさや着心地、ニオイと脇汗対応、デザイン性、サイズ感などを比較してみました。よかったら、参考にしてみてくださいね!

3

蚊に刺されないための3つのポイント|今年はコレで徹底予防!

夏になると現れる「蚊」。できれば刺されたくないですよね。もちろん虫除けスプレーは使うけれど、それでも刺されてしまうから厄介……。少しでも刺されにくくなるための「3つのポイント」をご紹介します!

4

ハッカ油広報担当者に聞いた!猛暑をしのぐためのハッカ油の使い方3選

いよいよ夏本番。今年はマスクを着けているぶん、体感温度を高く感じそうですね。 そんなこの夏におすすめなのが、「ハッカ油」。 すっきり爽やかな香りが、夏のくらしを快適にしてくれます。 北海道北見市でハッカ油の製造卸ひと筋の株式会社北見ハッカ通商に、 ハッカ油を使った夏のくらしのアイデアを教えてもらいます。

5

【夏のフットネイル】ネイルシールって実際どうなの?半信半疑で使ってみたら……やり方と持ちの良さをレポート

サンダルを履く機会が増える夏に必須なのがフットネイル。なるべく外出を控えたい今、手軽なのは自宅でできるセルフネイルですが、単色塗りになりがちなのと、落ちやすいのがストレスですよね。そこで、貼って削るだけでおしゃれなネイルアートが楽しめるフットネイルシールを試してみました!

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP