暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【防災備蓄の必要性】防災備蓄を続ける5つのコツ

saitaPULS編集部

一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会 代表理事の長柴美恵です。
2016年より防災備蓄のための収納プランナーを育成しています。今回は皆さんに、防災備蓄を楽に続けるコツを5つお伝えします。

【防災備蓄を続けるコツ①】好きな食べものを選ぶ

(C)一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会

災害食品なら何でも良い。お腹がすけば何でも食べる。と思っていませんか?
食事は命をつなげる大切はものですが、災害時は時間が経つほど食欲を失います。

栄養面ももちろん気にしたいところですが、まずは「食べる」ことを意識してください。備蓄する食品は日ごろから食べ慣れている食品や好きな食品の用意をおすすめします。災害食品も色々ありますので、必ず試食をして、気に入ったものを少しずつ取り入れていくと良いでしょう。

【防災備蓄を続けるコツ②】賞味期限をずらす

水や食品など、賞味期限が同じにならないように購入することをおすすめします。
賞味期限が同じものをまとめ買いすると、入替えも同じ日になり、負担が大きく、労力も要します。続かずに止めてしまいがちなのがこのときです。
賞味期限が半年や1年ずつずれるように用意し、一度に大きな負担をかけないことが長く続く秘訣です。

【防災備蓄を続けるコツ③】賞味期限・購入日を大きく書く

(C)一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会

賞味期限が見にくく、見落としがちではありませんか?
食品ロスをなくすためにも直接貼る『期限ラベル』はおすすめです。自分ルールでラベルの位置が統一出来ますので、賞味期限を探さずに一目でわかります。これはとても楽な管理の仕方ですよ。また、電池やカセットガス、ボディーシートなどの生活用品にも消費期限がありますので、直接『購入日』を書いておきましょう。

  • 1
  • /
  • 2

前日の全体記事ランキング

1

料理研究家リュウジさん考案の【無限キャベツ】が簡単なのにおいしすぎる♡

あと1品ほしい!でも時間がない…というとき。 シンプルで身近な材料で5分もあれば作れる、Twitterで14万以上のいいねを集める話題のレシピ「無限キャベツ」の紹介です。

2

咳で苦しい夜に試してみて!意外な方法で安眠ができるかも【動画付き】

体調を崩したとき、やっかいなのが鼻水、鼻づまり…そして「咳」。 特に夜になると咳がどんどんひどくなり、眠れなくなることありませんか? 子どもが苦しそうにしていると、本当にかわいそうで、早く止めてあげたいと思いますよね。 そんな苦しい夜の咳に試してほしい民間療法をご紹介します。

3

今が旬の大葉が大変身!「悪魔の壺大葉」は大葉が苦手な人もやみつきの味

バズレシピの料理研究家リュウジさん(@ore825)が、これからの時期旬を迎える大葉を使って、ご飯が消えたのかと思うくらい一瞬でなくなるほどおいしいレシピを紹介しています。 それが「悪魔の壺大葉」です。では実際に作ってみたいと思います。

4

あなたの家計の食費は平均値以上!? 「食費がかさんで貯金ができない」その理由と解決法とは? 

毎月の食費はいくらですか? それが使いすぎかどうか、考えたことはあるでしょうか。 それぞれの家の「暮らしやすい」状態があるので一概に言えませんが、平均よりも多いか少ないか、知っておくことは節約のためにも良いことです。 食費は毎日のことなので、節約したいと思いながらも「食費の節約は難しい」と感じている方も多いかもしれません。 今回は、家計簿・家計管理アドバイザーのあきがそんな時に考えられる「食費がかさんでしまう原因」や、「食費をあとどれくらい節約した方がいいのか」について紹介していきます。 食費について悩んでいるという方は、参考にしてみてくださいね。

5

肉汁がギュッ〜!「至高のハンバーグ」はお家でできる大満足メニューでした

コロナウイルスによる外出自粛が続き、外食で息抜きも叶わず家庭の味に物足りなさを感じている方も多いのではないでしょうか。 今回はまるでお店のような味が楽しめる、料理研究家リュウジさんの話題のレシピ「至高のハンバーグ」をご紹介させていただきます。

この記事をシェアする

TOP