「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

「ほうじ茶」が料理にも使えるって知ってた?麺類との相性ばっちり「黄金ほうじ茶つゆ」

料理・グルメ

 「ほうじ茶」が料理にも使えるって知ってた?麺類との相性ばっちり「黄金ほうじ茶つゆ」

2020.07.15

ほうじ茶は香ばしい香りが特徴で、ご家庭で飲まれてる方も多いのではないでしょうか。
じつはお茶として飲む以外にも料理にも使えるって知っていましたか?

今回は管理栄養士・料理研究家のラク速レシピのゆかりさんと料理研究家のリュウジさんのほうじ茶を使ったレシピをご紹介します。
どちらも簡単に作れるのでササっと作りたい時におすすめです。

「茶バラめし」と「黄金ほうじ茶つゆ」の作り方



管理栄養士ラク速レシピのゆかりさん考案の「茶バラめし」と料理研究家リュウジさん考案の「黄金ほうじ茶つゆ」をご紹介します。

「茶バラめし」の作り方

材料はこちら。

1.米は研ぎ30分浸水させ、ほうじ茶、酒、鶏ガラスープの素、おろしにんにくを入れる。

2.豚バラを入れて炊く。

3.塩胡椒で調える。

4.茶碗に盛り、醤油、ごま油、黒胡椒をかけ、小葱と卵黄をのせたらできあがり。

◯材料(1合分)
米…1合
ほうじ茶…大さじ1
酒…大さじ1/2
豚バラ…150g
鶏ガラスープの素…小さじ1
おろしにんにく…小さじ1/2
塩胡椒…適量

★仕上げ
卵黄…1個
葱…適量
醤油…適量
ごま油…適量
黒胡椒…適量

豚バラは脂身ばかりのものだと油っぽい仕上がりになるので、赤身と脂身のバランスがよいものを選び、5cm幅に切っておきます。
ほうじ茶は1合分から水を大さじ1減らした量が目安です。
1合の線から気持ち少なめに水を入れて、1合の目盛りに合わせてほうじ茶を足してください。

仕上げは醤油の代わりに焼肉のタレでもいいそうです。
炊きあがった後、仕上げを入れずに食べてみたらほうじ茶の香ばしさがダイレクトに感じられて、このままでも十分おいしいです。
大葉を加えると爽やかになったのでおすすめ。

他にも刻みのりやラー油、マヨネーズも相性良いと思います。

「黄金ほうじ茶つゆ」の作り方

材料はこちら。

1.焼肉のタレと冷やしたほうじ茶を1対1で混ぜたらつけダレのできあがり。

2.そうめんはゆでてよく冷やしたらお皿に盛り、熱湯にくぐらせた豚冷しゃぶと小ねぎをのせる。

3.お好みでつけダレに、おろしにんにくとラー油を加えてください。

〇材料(1人分)
そうめん…2束(約100g)
焼肉のタレ…50ml
ほうじ茶…50ml
豚薄切り肉(しゃぶしゃぶ用)…適量
小ねぎ(小口切り)…適量
おろしにんにく…お好みで
ラー油…お好みで

つけダレは1:1で混ぜるだけという簡単さに驚きました。
忙しいときや簡単に済ませたいときにパパっと作れるので助かります。

甘辛でさっぱりとした仕上がりになっています。
お好みですが、おろしにんにくとラー油はあったほうがおいしさUPするのでおすすめ。

食欲がないときでも食べやすいです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

 


著者

RIE

RIE

小1女の子ママ。 食育実践プランナーの資格を持っています。毎日時短&簡単料理しか作らず炊飯器が相棒です。 おいしいもの好きで新商品に敏感。 コンビニ、カルディ、業務スーパーをよくパトロールしています。