【調味料の魔法の法則”3:2:1:1”とは?】しょうゆ味の法則をご紹介|お店の味が簡単に作れます

料理・グルメ

2020.09.19

普段料理をするとき、なんとなくで味付けをしていませんか?
長年培った勘を頼って作る料理もおいしいかもしれませんが、魔法の法則を使った料理は、同じ調味料を使っているのに、家で作ったとは思えないほどおいしいおかずを作ることができるんですよ。

今回は、定番調味料を使ったしょうゆ味の魔法の法則を料理研究家・本谷惠津子さんの著書『家庭料理の手ほどき帖 ー惠津子流料理のたねあかしー』からレシピと共にご紹介します。

広告

しょうゆ味の魔法の法則「3:2:1:1」

今回ご紹介する魔法の法則は「しょうゆ」を基本としたもの。

調味料を「しょうゆ3:みりん2:砂糖1:酒1」の割合で配合したしょうゆ味は、ご飯にあう和食の基本、照り焼きの味です。

あらかじめ、この「3:2:1:1」の割合で調味料を合わせておけば、いざ料理をするときとてもラクになります。

また、煮立たせて容器に入れておけば、冷蔵庫で1ヶ月ほど保存することも可能です。

鶏の照り焼き

■材料(4人分)
・鶏もも肉…300~400g
・しし唐辛子…8~10本
・エリンギ…1本
・小麦粉、サラダ油、塩、胡椒…適量

<調味料>
・しょうゆ…大さじ3
・みりん…大さじ2
・砂糖…大さじ1
・酒…大さじ1

■作り方
①かるく切れ目を入れたしし唐辛子、3~4本に裂いたエリンギをフライパンで軽く素焼きに、塩、胡椒を振って、皿に取り出しておく。
②鶏は大き目のそぎ切りにして小麦粉をまぶし、①のフライパンに油をひいて揚げ焼きする。

③②に調味料を入れ、煮立たせながら肉に絡める。

④皿に盛り付け、①の野菜を添えたら完成!

照りのある、こってりとした味わいの照り焼きは大人も子どもも大好きな味。
軽く焼いたエリンギとしし唐も照り焼きとの相性が抜群!

ご飯がどんどん進む殿堂入りの味です。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

広告

 

著者

いけごま

いけごま

自宅で作れる手軽な料理や、お酒に合う簡単なおつまみが得意な酒飲み。 旬の野菜や果物の良品の見分け方や上手な保存方法、おいしく食べるコツなどを発信。少しの工夫で生活がぐっと楽しくなる、そんな記事をお届けします。

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告