目が乾燥する、物が見えづらい……目を酷使しすぎていない?クマやくすみの原因になる疲れ目のケア方法

心と体

pixabay.com

2020.09.14

最近目が乾燥したり、だんだん物が見えにくくなってきたりと目の疲れが気になったことはありませんか? スマホを見る時間が増えて目が疲れやすくなっているのかもしれません。
しかも2020年は家にいる時間も増え、比例してデジタル機器に振れる機会も多くなっているのでは。
疲れ目になるのも無理はありません。
しかし、「しっかり寝れば治る」などとほっとく人も多いのでは?
それはとっても危ないんです。疲れ目をあまくみていると、後悔することに!?
疲れ目はクマやしわの原因にもなってしまうんですよ。

今回は目が疲れる原因や疲れた目のケアについてご紹介します!

広告

疲れ目の原因とは一体?

出典:pixabay.com

目が疲れる原因として、姿勢の悪さやスマホやタブレットなどの電子機器の使いすぎが考えられます。
そのほか、メガネやコンタクトの度数が合っていないことも考えられます。

集中して画面を見ているとまばたきをわすれ、目が乾燥してきて、涙目や充血の原因にもなります。知らないうちに目に負担をかけていることが多い日常生活をまずは振り返ってみましょう。

ブルーライトによる時差ぼけ!?

出典:saita-puls.com

スマホやPCのディスプレイに多く含まれる「ブルーライト」は眼や身体に大きな負担をかけると言われています。なるべく見ないようにしたいけれど、スマホは日々の必需品でなかなか使用を控えることは難しいですね……。
そんなときはブルーライトから目を守ってくれる方法を探しましょう。普段の生活で目にいいものを食べたり、ブルーライトによる疲れ目を防ぐことを知っておくと予防できます。ブルーライトによるデジタル時差ぼけを読んで、目にいい食べ物や、自分のデジタル度をチェックしてみてください。

疲れ目にホットアイマスクでじんわりケア

出典:saita-puls.com

スマホやPCの使いすぎで目が疲れたときは、じっくりと休ませて目をいたわりたいもの。
眼精疲労の軽減には、蒸しタオルや市販の温アイマスクなどによるセルフケアがおすすめです。

ホットアイマスクで目の奥から温めてあげるだけで改善されることもあるのかもしれません。 そんなときに使えるのがダイソーで買えるめぐリズム蒸気でホットアイマスク。香りの種類も豊富で、バラ売りも可能なので好きなものをチョイスしやすいですよ。気分に合わせてケアしましょう!

目の疲れ・ドライアイに効果がある食べ物

ブルーライトカット眼鏡をかけたり、温めたり、眼精疲労を癒す方法をお伝えしてきました。
上記2つに加えてできそうなこと、それは「眼精疲労に効く食材を食べる」です。

ナスに含まれる「ナスニン」には疲れ目やドライアイの予防にも効果があるそうですよ。

ナスをおいしく簡単に食べられるレシピはこちら

目は一度悪くなると良くなりません。

目に疲れを感じたら適度に休息をとり、目をいたわってあげましょう。日頃からできるケアで目を大切にしてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

広告

著者

kurihaku

kurihaku

1児の母。フリーランスのライター業と育児奮闘中です。アウトドア、音楽、旅、ファッションが好き。子育てに便利なものなど紹介していきたいと思います。

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告