「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

閉経と更年期障害は怖くない!? アラフォーからの「膣トレ」のススメ。

心と体

stock.adobe.com
 閉経と更年期障害は怖くない!? アラフォーからの「膣トレ」のススメ。

2020.08.30

パーソナルトレーナーのベルジェロン容子です。
女性として人生を楽しむために、自宅で簡単にできる「フランス式膣トレ」を考案し、お伝えしています。

この記事を見てくださっている方はすでに「アラフォー」でしょうか。
「アラフォー」と聞くと、大人の女性というイメージもありますが、女性同士の中では大概マイナスイメージで会話が進むことが多いものです。逆に、「アラフォーだからこそ〇〇」といったポジティブに年齢を受け入れる表現もよく見かけます。ただ、これもまた「アラフォー」や「40代」というワードそのものが女性にとってはマイナス味を含んでいるからこその表現ではないでしょうか。

今回はそんな揺らぐ年齢「アラフォー世代」に焦点をあて、閉経や更年期を見据えた「膣トレ」をお伝えします。

閉経ってなに?更年期障害ってなに?

閉経とはご周知のとおり、「生理がこなくなること」です。でも閉経する前に、生理が毎月こなくなくなったり、逆に次の生理までの期間が短くなったり、不正出血をする方、経血量が減る方、人それぞれ揺らぎ始めます。もちろんまったく予兆もなく突然生理がこなくなる方もいらっしゃいます。

では、「いつの時点を閉経と呼ぶ」のでしょうか?

それは“生理が1年以上来なくなった時”になって初めて「1年前に閉経した」といえるようになります。そして、その閉経をはさんで前後5年ずつ計10年のことを「更年期」と言います。

 もしも、アラフォー世代の貴女が「更年期はいつ始まるのか?」または「すでに始まっているのか?」と気になったとしても、更年期の開始時期というのは正確には「知りえない」ということになります(女性ホルモン値や卵巣年齢など、血液検査から閉経時期を予想する ことはで可能です)。

つまり、もうすでに私たちは更年期に入っているかもしれないのです。
更年期には様々な不調が出てきます。代表的なものは、のぼせ、ほてり、多汗、しびれ、めまい、鬱っぽい、イライラ、だるさ、疲れ、不眠、頭痛、腰痛など多岐にわたります。

「気のせいかな?」と思える症状も「更年期だから起こっているのかもしれない」と思えるかどうかが、対策を取る上でも、気持ちの上でも大切です。アンチエイジングに励むのも素敵なことですが、自分には程遠いとは思わず、今から「閉経」「更年期」のことを知ることも大切なことなのです。

参考:厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト「e-ヘルスネット」
公益社団法人 日本産科婦人科学会

閉経の平均は50代前半。早いと40代前半、遅いと60代に入ってから。

出典:ourage.jp集英社「MyAge」/「OurAge」読者アンケート調査より(2020年1月/回答194名)

 それでは「閉経というのは何歳で起こりうるのか?」上の図を見てみましょう。

これはsaitaPULSをご覧いただいている皆さんより、ほんの少しお姉さん世代向けの美容と健康の専門誌「MyAge」と、そのオンラインメディア「OurAge」(集英社)のご好意でお借りしてきた【閉経した年齢】を集計したグラフです。

ご覧いただければ「私はすでに更年期に入っているかもしれない」と思う方も多いでしょう。ただし前ブロックに記した更年期の症状は、重い方もいれば、あまり感じずに通り過ぎる方もいらっしゃいます。

後者ならラッキーですが、重要なのは、女性であれば誰もが劇的な女性ホルモンの減少により、不調は感じづらくても体が太りやすくなったり、身体や心の変化があるということです。そして今までの自分と違うことに憤りや不安を感じる人も多いでしょう。

それでも「更年期」という時期は、誰もが通り過ぎます。自分ではどうにもならない感情の起伏や体調不良の現れ方は、ある意味“「思春期」と似ている”かもしれません。ですから少しでもうまく乗り切るために、今からできることを前向きに考えていきましょう!その一つが「膣トレ」です。

グラフ協力:集英社「OurAge」

40代を過ぎたら、内側から体を作るために「膣トレ」を

前回の記事「「膣」から考える夏の体の冷え対策」にも書きましたが、膣トレは筋トレです。

膣トレの効果は加齢により失われがちな子宮や卵巣を含めた、より内臓に近いインナーマッスルを蘇らせることで、毛細血管を再生し養います。そうすることで、栄養やホルモンの運搬力を高めるだけでなく、筋肉の大事な役目である熱を作り出します。つまり発熱源を保ちます。また、これらのことは更年期に乾燥しがちな膣のうるおいを保つことにも役立ちます。

 ホルモンは血液によって運搬されます。激減する女性ホルモンをできる限り漏らさず運搬するためにも、外側ではなく内側の筋肉を「フランス式膣トレ」で鍛えましょう。加齢により、外側より内臓脂肪がつきやすいのも日本人の特徴です。

40代を過ぎたら、内側から体を作る意識を持つべきです。また、このメソッドは強い呼吸法を伴うことでその効果をより高めるようにしてあります。横隔膜を大きく動かすことで交感神経と副交感神経を刺激し、自律神経の安定を促すようにしています。女性ホルモンの減少によって神経にも揺らぎが出ますので、これを呼吸法で補います。普段から運動をしない方にも、気負わず一日3,4分という、とても簡単に取り入れることができる「フランス式膣トレ」は一見地味で、その効果は疑う目を持たれがちですが、数週間で早い方は必ずその効果を体感できますよ。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

 


著者

ベルジェロン容子

ベルジェロン容子

アメリカ、フランスを中心に活躍するパーソナルトレーナー。フリーアナウンサー中村江里子氏をはじめ、パリの名だたるセレブ達を担当。43歳、3児(2,5,8歳)の母。 著書「フランス式1分膣トレ」(学研) はベストセラーに。アジア各国で翻訳版も発売予定。最新情報はInstagramにて。

連載記事

女性の体にマストな筋トレ「フランス式膣トレ」でキレイに!

この連載の記事一覧へ