「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

毎日たった4分で体が確実に変わる!「フランス式膣トレ」実践しよう【後編】

心と体

 毎日たった4分で体が確実に変わる!「フランス式膣トレ」実践しよう【後編】

2020.08.26

パーソナルトレーナーのベルジェロン容子です。
産後出会ったフランスの「膣トレ」を日本でも自宅で簡単にできるようにしたいと「フランス式膣トレ」を考案しました。

「膣トレ」は筋トレです。膣を意識することで鍛えられるのは骨盤底筋からみぞおちにかけてのインナーマッスル。見えない部分の筋肉群です。前回の【前編】でチャレンジした2か所に続き、今回は最後の穴“経口”部分を2種類のイメージを使って動かしていきます。「フランス式膣トレ」で女性の大切な部分をきちんと整え、数多ある「膣トレ」の効果をあなたの心身でぜひ体感してください!

フランス式膣トレ【前編】

 さぁ、「フランス式膣トレ」を始めましょう。

経口を閉じる!「膣エレベーター」①

イラスト:itabamoe

前回の「膣スクイーズ」(肛門)と、「膣ロック」(尿道口)に続き、今度はちょうどその間の穴、“経口”を動かしていきます。膣というと、この“経口”を指すことが一般的だと思いますが、実際は、もっとも女性がどこなのか良くわかっていないのが「経口」でもあります。まずは“肛門”と“尿道口”の間「割れ目」のラインを意識します。割れ目の左右をエレベーターのドアに見立てましょう。息を大きく吸っている間は、体はリラックス。吐きながら左右の割れ目をエレベーターのドアのように中心に向かって閉じていきます。吐く息が続くかぎり、しっかり固く扉を中心で閉じ続けます。吸う息で少し緩めて、吐きながら同じように中心で固く閉じます。このやりとりを5回続けます。

閉じた部分を引き上げる!「膣エレベーター」②

イラスト:itabamoe

次のステップに進みます。少し難しくなります。
今度は①の膣の扉を閉めた状態をキープしながら、普段通り呼吸ができるかチェックしてみましょう。できそうなら、閉じたまま大きく息を吸って、吐きながらその扉が閉じた状態のエレベーターをギューッとおへその指3本下のあたりまで上昇させます。その上昇させた位置をキープしながら大きく吸って、また吐きながらおへそに向かってエレベーターを上昇させます。吸ってすこし緩めて、吐きながら体の上方に向かって数ミリでもいいのでエレベーターを上昇をさせるイメージを持ちます。この繰り返しを5回行いましょう。

どうしても意識しづらい場合は、ハンガーを使った膣トレを!

イラスト:セキモトアヤコ

見えない場所を意識するのも、どこにあるのかイマイチよく分かっていない穴を動かすのも、慣れるまですごく難しいでしょう。意識しやすくするために、各穴にほんの少し触れるものがあると一気に「分かりやすい!」と感じるものです。そこで一つのアイデアとして、ハンガーを使うことをお勧めします。イラストの通り一転して見た目に恥ずかしいポーズになっていまいますが、フック部分がちょうど動かす箇所に触れるようにするだけでイメージしやすくなる方が多くいます。
ただし、必ず注意していただきたいのは、ハンガーのフック部分は触れる部分が尖っておらず丸いもの。そして必ず直接あてずにショーツやパンツの上から触れるようにしてください。またハンガーを持った時に腕など力まないような体制をとれることが大切です。

毎日たった4分で変わる!「フランス式膣トレ」マジック

いかがでしたでしょうか?ポイントは、できる限り膣以外の部分には力を入れず、この3つの穴、一つ一つに意識を集中させることです。また、呼吸は普段よりも深く長い呼吸を意識しましょう。「鼻」から吸って、「鼻」もしくは「口」から吐き出しましょう。吸うときは力を抜き、吐くときにギューッとそれぞれのイメージを持ちながら、3つの穴を別々に力強く締めたり、閉めたり、引き上げたりします。
はじめは難しいと感じるかもしれません。正しくできているかも分からず不安になります。けれども、各箇所5呼吸のみ。合わせて4分程度です。しかもただ横になって行うだけですから、着替えたり準備したりと、身構える必要もありません。毎日続けるだけで、2週間もすると「あれ?」っと思うようになります。そして身体の何かが変わります。最初に現れる効果は人それぞれですが、いずれにしても「ひょっとして」と思えるうれしい効果はすぐに手に入るはずですよ。

プロフィール

出典:www.amazon.co.jp

ベルジェロン容子
アメリカ、フランスを中心に活躍するパーソナルトレーナー。フリーアナウンサー中村江里子氏をはじめ、パリの名だたるセレブ達を担当。43歳、3児(2,5,8歳)の母。
著書「フランス式1分膣トレ」(学研) はベストセラーに。アジア各国で翻訳版も発売予定。最新情報はInstagramにて。@yoko_omw

Instagram
Twitter

 

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。


著者

ベルジェロン容子

ベルジェロン容子

アメリカ、フランスを中心に活躍するパーソナルトレーナー。フリーアナウンサー中村江里子氏をはじめ、パリの名だたるセレブ達を担当。43歳、3児(2,5,8歳)の母。 著書「フランス式1分膣トレ」(学研) はベストセラーに。アジア各国で翻訳版も発売予定。最新情報はInstagramにて。

連載記事

女性の体にマストな筋トレ「フランス式膣トレ」でキレイに!

この連載の記事一覧へ