「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

アンチエイジングには「フランス式膣トレ」が正解!女性の人生を楽しく生きるための“膣トレ”とは

心と体

stock.adobe.com
 アンチエイジングには「フランス式膣トレ」が正解!女性の人生を楽しく生きるための“膣トレ”とは

2020.09.26

はじめまして、ベルジェロン容子です。
産後出会ったフランスの「膣トレ」が、女性の心身に及ぼす素晴らしい効果と、解剖学的にも女性の体にキチンと見合ったメソッドであることに感銘を受け、日本人女性がご自宅で簡単に出来るよう「フランス式膣トレ」を考案しました。

今回からこの「フランス式膣トレ」や「膣」にまつわる知識を連載でお届けします。
はじめて聞く方が多いと思いますが、女性として人生を健やかに楽しく生きるために必須ともいえるメソッドですよ!

膣トレってどんな効果があるの?

出典:stock.adobe.com

最速で現れる効果は、「尿もれ」の改善。もしもあなたが“吸水パッド”を使用していたり、不意な“ちょい漏れ”に悩まされているなら、2週間から4週間で完治します。“性交痛”や“濡れにくい”など、人には言いづらい「性」のお悩みも同じくらいの期間で圧倒的な改善を実感するでしょう。

さらに、下腹部が削られるように細くなり、女性らしい“クビレ”ができます。“お尻がキュッ”と上がります。体重が変わらないのにジーンズのサイズが小さくなるのは、珍しいことではありません。また、生理不順や生理中の経血量に乱れがある方は、膣トレを行うことで徐々に安定していくでしょう。生理痛やPMSの軽減はいうまでもありませんし、子宮内膜症を持ちの方は今すぐにでも取り入れていただきたいメソッドです。

運動好きなら大好きなスポーツの飛躍的な上達が期待できます。便秘の改善にも役立ちます。つまり女性なら、誰にでも何かしら「具体的な効果が出る」のが膣トレなのです。

膣(ちつ)ってなに?どこをトレーニングするの?

骨盤底筋の位置

一般的に「膣」というと“性器”や“経口”といった「穴」のイメージが強いでしょう。けれども、「フランス式膣トレ」で鍛える部分はそれよりも広範囲に及びます。

皆さんの内臓や身体は、骨盤という骨を外角に最も下の基底部は「骨盤底筋」とよばれるハンモック状の筋肉によって支えられています。この筋肉が加齢や出産、運動など、様々な理由で傷み、たるむことで、内臓が下がり“下腹部のぽっこり”や“尿もれ”、“何をやっても改善しない便秘”など女性の代表的なお悩みを引き起こす原因と密接に関わります。

フランス式膣トレは、この骨盤底筋と、それに紐づくイラストにあるインナーマッスルを効率的に鍛えるメソッドです。外から見える部分は全く動かしません。呼吸とイメージ法を使って、見えない内側を集中して動かすという全く新しいタイプの「筋トレ」になります。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

 

著者

ベルジェロン容子

ベルジェロン容子

アメリカ、フランスを中心に活躍するパーソナルトレーナー。フリーアナウンサー中村江里子氏をはじめ、パリの名だたるセレブ達を担当。43歳、3児(2,5,8歳)の母。 著書「フランス式1分膣トレ」(学研) はベストセラーに。アジア各国で翻訳版も発売予定。最新情報はInstagramにて。

連載記事

女性の体にマストな筋トレ「フランス式膣トレ」でキレイに!

この連載の記事一覧へ