「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

手荒れにつながるNG習慣は?ガサガサな手にならないための、手荒れ対策グッズ3選

心と体

www.photo-ac.com
 手荒れにつながるNG習慣は?ガサガサな手にならないための、手荒れ対策グッズ3選

2020.10.10

季節が変わり寒くなってくると、手荒れが気になりはじめませんか。
今までと変わりない生活をしているのに、お皿を洗ったあとや手洗いをしたあと、水仕事のあとなどに手が荒れてしまいますよね。ひどくなると、家事をすることが億劫になってしまうことも……。
手荒れがひどくなる前に、手荒れの原因や予防のポイントを参考にされてみてはいかがでしょうか。普段使いできる保湿グッズや、いつもより丁寧に保湿がしたいときに使いたい、おすすめの保湿グッズをご紹介します。

手荒れを引き起こすNG習慣!熱めのお湯と冷たい水を使う

出典:www.photo-ac.com

手荒れの原因は乾燥ですが、その乾燥を悪化させるのが、お皿を洗うときや手洗いに使うお湯や水の温度のようです。

 

①熱めのお湯を使う


水を使うときに、使う水の温度が大切です。
家事の際に、熱めのお湯を使っていませんか。秋や冬に寒くなるとつい手洗いなどは熱めのお湯を使いたくなりますよね。

 

水分と油分は、人間の肌を守るの大切なもの。しかし熱めのお湯を使うと、肌に必要な油分が流れ落ち、乾燥を悪化させる原因になります。

 

②冷たい水


冷たい水も手荒れを引き起こすNG習慣です。
荒れた肌を修復するためには、血行を良くすることが大切です。冷たい水を使うことで、寒い季節に悪くなりがちな末梢の血液循環をより悪くし、手荒れや乾燥がなかなか良くならないこともあるようです。

 

 

 

手荒れや乾燥を防ぐには、ぬるま湯を使い、その都度保湿を

出典:stock.adobe.com

手荒れ予防には、日常でどのようなことを気を付けたらいいのでしょうか。水の温度や保湿の方法がポイントのようですよ。

 

①ぬるま湯


肌の乾燥を防ぐには、ぬるま湯を使いましょう。ぬるま湯の温度は、熱すぎない温度のこと。家事や手洗いのときなどは、熱めでも水でもなく、ぬるま湯がいいそうです。

 

 

②保湿


手の乾燥を防ぐために、保湿はその都度することが大事です。肌に油分の膜を作ることで、水分の蒸発を防げます。保湿を行うと肌をなめらかに保てるんですよ。
手洗いや水を使った家事、お風呂に入ったあとなどは、その都度塗ることを心がけましょう。

 

 

 

 

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

 


著者

ayako

ayako

「笑顔になるように」を大切に毎日を過ごしています。 子どもと図書館で一緒に過ごすことが大好きです。 皆さんのお役に立てるように頑張ります。