「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

罪悪感のないスイーツが食べたい!「飲む美容液」の甘酒を使ったスイーツレシピ3選

料理・グルメ

stock.adobe.com
 罪悪感のないスイーツが食べたい!「飲む美容液」の甘酒を使ったスイーツレシピ3選

2021.02.08

甘酒は飲む美容液ともいわれ、健康にもいいとされています。でもちょっとクセがあって苦手な方もいますよね。そんな甘酒はスイーツ作りに使うとおいしいですよ。今回は甘酒を使った、スイーツのレシピをご紹介します。体にいいスイーツなので罪悪感なく食べられますよ!

「豆乳と甘酒の抹茶アイス」

しあがりのイメージ

甘酒には米麹と酒粕の2種類があり、米麹の甘酒はノンアルコールのため、子どもから大人まで、誰でも飲むことができます。米麹の発酵によりビタミン類を作り、お米のデンプンをブドウ糖やオリゴ糖に変え自然な甘みを作るので、砂糖代わりに使うと優しい甘みのスイーツになりますよ。
「豆乳と甘酒の抹茶アイス」は体に嬉しい栄養がある豆乳と甘酒で作るスイーツ。おいしくて体にいいのでぜひ作ってみては?

<材料>(作りやすい分量)

  • 豆乳……1/2カップ
  • 甘酒……1/4カップ
  • 卵……3 個
  • 砂糖……大さじ3
  • 抹茶パウダー……大さじ1

<作り方>
下準備として、抹茶パウダーはふるっておく。

  1. 卵は、卵白と卵黄に分けてボウルに入れる。卵白に砂糖を加え、泡立て器で泡立てる。すくって落ちない程度のしっかりとしたメレンゲを作る。
  2. ボウルに、ふるった抹茶、豆乳、甘酒を入れて泡立て器で混ぜる。卵黄を加え、さらに泡立て器で混ぜ合わせる。1.のメレンゲを3回に分けて加え、泡を消さないようにゴムべらで切るようにして混ぜ合わせる。
  3. 冷凍が可能な保存容器に流し入れ、冷凍室で凍らせる。

参考:農林水産省|消費者相談「甘酒には2種類の作り方があるとのことですが、ノンアルコールのものはどちらですか」

「豆乳と甘酒のフレンチトースト」

しあがりのイメージ

体に嬉しい栄養は積極的に取っていきたいですよね。こちらも栄養が豊富な食材の豆乳と甘酒を組み合わせて作るレシピ「豆乳と甘酒のフレンチトースト」です。大豆イソフラボンが豊富な豆乳とビタミンなど栄養豊富な甘酒を使って作る、優しい甘みのフレンチトーストです。

<材料>(2人分)

  • Ⓐ豆乳……1/2カップ
  • Ⓐ甘酒……大さじ4
  • Ⓐ卵…… 2個
  • 食パン(4枚切り)……2枚
  • バター(食塩不使用)……10g
  • 粉糖、好みのフルーツ、ミント……適量

<作り方>
下準備として、食パンは耳を切り落とし、半分に切る。

  1. ボウルにⒶを合わせて泡立て器で混ぜ、バットに移す。耳を切ったパンをひたし、途中でパンの上下を返しながら30分ほど置く。
  2. フライパンにバターを入れて溶かし、弱めの中火で1を両面を焼く。
  3. 器に盛り、好みのフルーツを散らし、粉糖をかけ、ミントを添える。

「甘酒フルーツ寒天」

しあがりのイメージ

仕事や育児などで疲れていたり、帰宅が遅くなったりすると食事の準備に時間をかけたくないですよね。毎日少しでも甘酒の栄養を取りたいときは「甘酒フルーツ寒天」がおすすめです。作り方は粉寒天と甘酒、フルーツ缶を合わせて冷やすだけの簡単レシピですよ。時間がないときでも、混ぜて冷やしておけば簡単に食卓で楽しめる一品です。

<材料>
・甘酒……400ml
・お好みのフルーツ缶……1缶
・粉寒天……4g

<作り方>

  1. 甘酒をお鍋に入れ、ひと煮立ちさせる。 
  2. 煮たったら、火を止めて粉寒天を混ぜる。
  3. 型に流し込み、冷蔵庫で冷やし固める。
  4. 好みのサイズにカットし、フルーツ缶の汁や具を盛り付ける。

甘酒をアイスやフレンチトースト、寒天にして楽しむレシピを紹介しました。ダイエット中や、甘さを控えたスイーツを食べたいときにぜひお試しください。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

ayako

ayako

「笑顔になるように」を大切に毎日を過ごしています。 子どもと図書館で一緒に過ごすことが大好きです。 皆さんのお役に立てるように頑張ります。