「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

40代からの大敵「くぼみ目」「たるみ目」をたった30秒で改善する!【MAKEUPプロデューサーSHOKOさんがレクチャー】

心と体

stock.adobe.com
 目元のたるみ

2021.03.02

マスク生活が習慣化してきたこの頃、目元のメイクに力を入れている人も多いかと思います。これまで以上に目元のお化粧に力を入れれば、その分だけアイゾーンのケアも必要になってきます。さらにアラフォー世代になると「くぼみ目」や「たるみ目」、「クマ」など目の周りの老化による悩みも加わり、実年齢よりも老けて見えてしまうので要注意!今回はメイクアッププロデューサーのSHOKOさんに多くの方が悩んでいるくぼみ目の改善法について教えてもらいました。

老け顔に見える原因、くぼみ目とは?

サンプルイメージ出典:stock.adobe.com

「若い頃は、目元にハリがあるのでくぼみ目を気にしたことはなかったかと思います。しかし、年齢を重ねると、目の周りが暗くなりがちです。これは目の周りを覆っている筋肉、眼輪筋(がんりんきん)が衰えることにより目の周りのハリ感が失われ、くぼんでしまうからです。目元がくぼむと影ができてしまい、ゴルゴ線やクマなども出てきてしまいます。これでは顔全体が暗い印象になるので改善が必要です。」
くぼみ目になりやすい人の特徴を伺ったところ、以下のような方はとくに注意が必要とのことでした。思い当たる節はありませんか?
・痩せている
・急激にやせた
・目を酷使している
・筋肉が衰えている

しばらく続くマスク生活においても、目元の印象はとっても大事。
では、どのようにして予防・改善をすればいいのでしょうか。

くぼみ目改善法

サンプル出典:stock.adobe.com

「くぼみ目の改善方法として、1.目の疲れをとること、2.筋肉を鍛えること、3.過激なダイエットはNGがあげられます。この3つを守れば改善されていきます。とくに筋肉を鍛えることにより、目元にハリが出てきます。すると自然とくぼみの影もなくなっていきますよ。さらに、40代でも老眼が始まっている方もいるでしょう。この老眼の防止にもなるのでぜひ覚えてほしいです」

たった30秒!くぼみ目と老眼が改善されるトレーニング方法

加藤先生出典:shokokato.com

「改善方法はとっても簡単です。日ごろからパソコンや携帯で同じところばかりを見ていると、なかなか眼輪筋を動かすことがありません。ですから意識的に眼輪筋全体を動かしましょう。トレーニング方法はとっても簡単。黒目を左右に半円を描くように動かしていきます。これを5往復、3セットが理想です。そして、このときのポイントは、額を掌でホールドすることが大事です。どうしても目元を動かそうとすると、眉毛で動かしてしまいがちです。ですから、しっかり額を押さえてから行ってください。そうすると眼輪筋全体を動かすことができます。さらに口元がポカンとしがちなので、口は閉じて口角を上げることを意識して行ってください。」

眼輪筋トレーニング

  • 額は掌でホールド
  • 口元は閉じて口角は上げる
  • 黒目を左右に半円を描くように動かす。これを5回往復、3セットが理想

加藤先生

「普段、意識して黒目を動かさないと思うのでやってみると奥の方からジワッと血流を感じることができると思います。3セットが終わると視界が開け、明るくなったことを実感できるでしょう」
目元の印象を左右する眼輪筋。
意識して刺激をすることで見た目の印象も大きく変わるとSHOKOさんはいいます。たった30秒でできるケアなので毎日少しずつ続けてみてください。
くぼみ目改善、目力アップで老け顔とはさよならしましょう!

【連載:MAKEUPプロデューサーSHOKOさんがレクチャー】
鏡に映る自分に自信を持てると自己肯定感もUP!SHOKO流明日からできる「アンチエイジング」方法をご紹介しています。

・40代に合ったファンデの塗り方で5歳若返る!若い頃と同じ塗り方ではNG!
・ほうれい線や顔のたるみ、今すぐ自分でできる解消法とは?

***

プロフィール:SHOKOさん
プロフィール写真

MAKEUPプロデューサー
30年間、女優・モデル、数多くの著名人を担当し、雑誌・広告・TV・ショー等での幅広い活躍。
ヘアメイクだけでなく、ボディメンテナンス・食習慣まで徹底的に研究し、アンチエイジングに強いヘアメイクとしてセミナー・トークショー・化粧品開発など監修などマルチに活動している。
現在は、40歳からの自己実現を加速させる【史上最高のじぶんになる講座】を開講。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

安田ナナ プロフィール画像

安田ナナ

都内で2人の娘を育てながら、書籍を中心としたライターをしています。 人と話すこと 人と一緒に食べること 人と一緒に楽しむこと が大好きです。

この記事をシェア