「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

【週末の作り置き】 デトックスに最高な「ひじき」をたっぷり食べられる重ね煮

料理・グルメ

 ひじきの重ね煮

2021.02.13

自然食研究家の山田 直です。今週は、食物繊維たっぷりのひじきを使った重ね煮をご紹介いたします。

春はいらなくなったものを外へ出す、デトックスに最適な季節です。そのためにも腸をきれいにする食品をたくさん取りたいところ。ひじきには食物繊維がごぼうの7倍とたっぷりでまさにうってつけの食品です。

骨を強くするカルシウム、女性に必要な鉄などのミネラルも豊富。重ね煮に入れることで、かなり栄養価の高い料理に仕上がります。冷蔵庫にいつもストックして置きたい、あると安心な重ね煮です。

ひじき重ね煮 材料ひじきが加わることで、さらに食物繊維たっぷりの重ね煮に。

 

ひじきの重ね煮

ひじきの重ね煮食物繊維たっぷりのひじきを使った重ね煮です。

【材料】

  • 塩‥‥‥‥‥‥‥    少々
  • ごぼう‥‥‥‥‥  100g    千切り
  • にんじん‥‥‥‥    80g    細めの千切り
  • 玉ねぎ‥‥‥‥‥  200g      細めのスライス
  • ひじき(乾燥)‥    20g      水で戻す
  • きのこ‥‥‥‥‥  100g      スライス※
  • 塩‥‥‥‥‥‥‥    少々
  • 差水‥‥‥‥‥‥  50cc

※しいたけ・エリンギ・えのき・しめじなど、きのこを何種類か混ぜると味わいが増します。えのきは半分にカットして手でさき、しめじも大きければ手でさきます。

【作り方】

  1. 3本指で塩をひとつまみ鍋底に振り、きのこ→ひじき→玉ねぎ→にんじん→ごぼうの順に重ねてから、上にもひとつまみ塩を振る。
  2. 鍋に沿って差水をしてから蓋を閉め、極弱火にかける。
  3. 10分〜15分ほどして、良い香りが立ってきてらにんじんを食べてみて、ある程度柔らかくなっていたら、そっとかき混ぜて出来上がり。
  4. タッパーなどに移して冷まし、冷蔵庫で保存する。

※3~5日くらい保存可能です。
※使い切れない時は小分け冷凍し、そのまま味噌汁などに使えます。 
 (冷凍の場合1ヵ月程度保存可能)

基本の重ね煮がベースになります。

 

ひじきの重ね煮 出来上がりひじきが長すぎる場合は軽くカットします。野菜の長さをある程度合わせてカットすることで、全体のからみが良くなります。

Let's arrange
出来た重ね煮を使ってアレンジをしていきましょう。

重ね煮アレンジ1: ひじきの煮物

ひじきの煮物王道の煮物。節分で余った煎り豆を入れても美味しいです。

【材料2人分】

ひじきの重ね煮‥‥‥‥‥‥200g

油揚げ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥1枚 千切り

(調味料)

しょうゆ‥‥‥‥‥小さじ2

みりん‥‥‥‥‥‥小さじ2

酒‥‥‥‥‥‥‥‥小さじ2

水‥‥‥‥‥‥‥‥100ml

【作り方】

  1. 鍋に調味料を入れ温めます。
  2. ひじきの重ね煮と油揚げを入れて、時々混ぜながら中火で煮込みます。
  3. 汁が少なくなって、なじんできたら出来上がり。
  4. 一度冷ますと味がよく染み込みます。お好みで塩こしょうやラー油を振っていただきます。

重ね煮アレンジ2:ひじきの豆腐ハンバーグ

ひじき豆腐ハンバーグご飯がつなぎのフワトロな豆腐ハンバーグ。ひじきの海の香りが広がります。

【材料2〜3人分】

ひじきの重ね煮‥‥‥100g

木綿豆腐‥‥‥‥‥‥1/2丁  水を切る ※

長芋‥‥‥‥‥‥‥‥  30g  5mm角カット

ご飯‥‥‥‥‥‥‥‥100g   すり鉢でつぶす

塩‥‥‥‥‥‥‥‥‥小さじ1/2

※ふきんかキッチンペーパーに包み、揚げ網などを入れたバットなどに置き、適当な重りを乗せ、30分程度は水を切りましょう。よく水を拭いて使います。

サラダ油‥‥‥小さじ2

(照り焼きソース)

しょうゆ‥‥‥‥‥大さじ1

みりん‥‥‥‥‥‥大さじ1

酒‥‥‥‥‥‥‥‥大さじ1

【作り方】

  1. 小鍋にしょうゆ・みりん・酒を入れ、中弱火でとろみがつくまで火を入れ、照り焼きソースを作ります。
  2. ボールの中で、ハンバーグの材料を全てよくこねて、ひとつ100g位で整形します。
  3. フライパンを温めてサラダ油を引き、2を入れて、弱火で片面を焼きます。
  4. 裏返して蓋をして、全体に熱がまわるまでよく焼きます。
  5. 中強火にして、外をカリッと仕上げて出来上がり。照り焼きソースをかけて頂きます。お好みでチーズを入れるとよりクリーミーになります。

重ねにアレンジ3:ひじきともやしのナムル

ひじきともやしのナムルちょっとした箸休めに。茹でた菜の花などとも合います。

【材料2人分】

ひじきの重ね煮‥‥‥100g

もやし‥‥‥‥‥‥‥  50g 

(調味料)

しょうゆ‥‥‥‥‥小さじ2

酢‥‥‥‥‥‥‥‥小さじ2

ごま油‥‥‥‥‥‥小さじ2

すりごま‥‥‥‥‥小さじ1 

塩こしょう‥‥‥‥適量

【作り方】

  1. もやしを軽く一煮立ち茹でて、ざるで冷ましておきます。
  2. 調味料を全て混ぜ、ひじきの重ね煮・もやしとよく絡めます。
  3. すりごまを加えさらに混ぜ、塩こしょうで味を整えます。
  4. 少し馴染ませてから、お好みでゆず皮などを刻んで頂きます。

切り干し大根を入れても相性ばっちり!

重ね煮と乾物はとても相性がよく、旨味と栄養をプラスしていきます。ひじきの代わりにあらめ、切り干し大根などを使っても大丈夫です。

今回の豆腐ハンバーグはフワトロで柔らかいので、焼きづらかったら衣をつけてメンチコロッケにしても最高です。ひじきの煮物は、水分を切っておにぎりにもいいですね。
日常に食物繊維たっぷりの重ね煮を、是非ストックしてみてください。生活に軽さと奥行きが出てきますよ。美味しく食べてキレイになりましょう!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

山田 直

山田 直

神奈川の写真学校卒業後、作家活動をしながら横浜でホテルサービス勤務。3.11の地震を契機に仕事を辞め、ヨガとマクロビオテックを学ぶ。 後に、オーガニックレストランのキッチンに入り、重ね煮と出会う。その野菜の美味しさに深く感動。学びを深める。 現在は、東京、横浜、湘南エリアにてヨガ講師の仕事ヨガをメインに活動し、イベント、WSにて、重ね煮やオーガニックの料理を伝えている。

この記事をシェア