「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

材料は鶏肉とゴボウだけ!10分で作れる簡単おかず!調味料も1:1で失敗知らず

料理・グルメ

 甘辛でご飯が進む「鶏ゴボウ煮」

2021.08.20

毎日おかずを作るのって大変ですよね。 そんなときにおすすめなのが食材2つ、調味料2つで覚えやすくて作りやすい「鶏ゴボウ煮」。 調味料は1:1なので失敗しないで味がばっちり決まります。 温かいうちに食べるとおいしいのはもちろん、冷めると味がしみ込んで旨味がアップします。

「鶏ゴボウ煮」の作り方

鶏ゴボウ煮

〇材料(2人分)

  • 鶏もも肉……1枚
  • ゴボウ……約2分の1本
  • しょうゆ……大さじ1
  • はちみつ……大さじ1
  • 白ごま……あれば

〇準備
鶏もも肉は食べやすい大きさに、ゴボウはよく洗い、ささがきにする。

<作り方>

1.熱したフライパンで鶏もも肉を両面焼いていく。

鶏ゴボウ煮

2.ゴボウ、しょうゆ、はちみつを加え、ふたをします。煮立ったら弱火にし、5分ほど煮ます。

鶏ゴボウ煮

3.鶏もも肉に火が通ったらお皿に盛り、白ごまをかけてできあがり。

鶏ゴボウ煮

今回仕上げに白ごまをかけましたが、細ネギでもおいしく召し上がれます。

ゴボウは皮はむいてもむかなくてもどちらでもOKですが、皮に風味と旨味があります。
ゴボウの大きさをそろえると煮る時間が均等になり、味がしみ込みやすいです。
おかずやおつまみにはもちろん、冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにもぴったり。
ほかにも、白ご飯と混ぜて混ぜ込みご飯にし、おにぎりにしてもおいしいです。


「鶏ゴボウ煮」をご紹介しました。
はちみつを入れたことによってコクがあり、甘辛な仕上がりになりました。
子どもも食べやすい味付けです。
今回は材料を2つにして簡単に作るレシピを紹介しましたが、にんじんやこんにゃくを入れてボリュームアップするのもおすすめ。七味とうがらしやマヨネーズもよく合います。

ぜひ作ってみてください。


著者

RIE

RIE

小学生の女の子ママ。 食育実践プランナーの資格を持っています。 時短&簡単料理が得意で、炊飯器が相棒です。 おいしいもの好きで新商品に敏感。 コンビニ、カルディ、業務スーパーをよくパトロールしています。