「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

歯ブラシと電動歯ブラシのメリットとデメリットは?#歯科医が教える

心と体

www.photo-ac.com
 手動電動歯ブラシ

2021.09.04

毎日のルーティンである歯みがき。みなさんは手動、電動、どちらの歯ブラシを使っていますか? それぞれのメリット、デメリットを比較しながら、自分にあった歯ブラシを選びましょう。

手動歯ブラシのメリット、デメリット

歯ブラシイメージ出典:www.photo-ac.com

<メリット>

⒈安く、どこでも簡単に手に入るので買い替えがラク。
⒉電動歯ブラシに比べて種類が豊富(形、硬さ)。
⒊ブラッシング圧や磨き方の微調整がしやすい。

<デメリット>
⒈時間をかけて磨く必要がある。
⒉きれいに磨くためにより技術が必要(個人差が大きい)。

電動歯ブラシのメリット、デメリット

電動歯ブラシイメージ出典:www.photo-ac.com

<メリット>
⒈効率よく汚れを落とすことができ、手動に比べて短時間で磨ける。
⒉手動に比べて簡単に汚れを落とせる(振動により、手では届かない汚れを落とすことができる)。
⒊手が疲れにくい(手動歯ブラシのように手を細かく動かす必要がない)。

<デメリット>
⒈手動に比べて高価(本体だけでなく、替えのヘッドも手動歯ブラシより高い)。
⒉充電や電池が必要である。
⒊手動に比べて大きく重いものが多い。

電動歯ブラシの正しい使い方は、1〜2歯ずつ歯に軽く当て、磨けたらゆっくりとヘッドを移動させ、手動歯ブラシのように、縦横に動かさなくてもOKです。

どちらの方が優れているの?

手動電動歯ブラシイメージ出典:www.photo-ac.com

結論から言うと、正しく使えていれば手動、電動どちらでも構いません。手動歯ブラシと電動歯ブラシでは歯の磨き方が違いますが、どちらでも正しい磨き方ができていれば虫歯、歯周病を防ぐことができます。ただし、電動を使う場合も、手動の歯ブラシの正しい使い方は身につけておいた方がいいでしょう。

また、家では電動を、職場では手動、朝昼は手動で、夜は電動などというふうに使い分けるのも手です。最近の電動歯ブラシは軽いものも沢山あり、手を大きく動かさなくても磨きやすいので手の力が弱い人や年配の人におすすめです。

最新の電動歯ブラシは、アプリと連携していたり、ブラッシング圧が強いとランプで知らせてくれたりする高度な機能がついていて、清掃効率も抜群です。

だからと言って電動歯ブラシを過信して間違った磨き方をすると、きちんと磨けなかったり歯や歯茎を痛める原因にもなるのでご注意を。また、どちらの歯ブラシを使っても、最後に歯間ブラシやフロスで仕上げをすることを忘れずに。

毎日の歯みがきが少しでも快適になるように、自分に合った歯ブラシを選ぶことはとても大切です。迷ったらまずは歯医者さんに相談してみて下さい。歯の状態や磨き方を見て、あなたにぴったりの歯ブラシをおすすめしてもらえるはずです。

著者

Shiko

Shiko

カナダ、バンクーバーと日本でやんちゃな息子達と旦那と一緒に暮らしています。 音楽、ヨガ、アウトドアが大好き! 歯科医師、ヨガインストラクターです。時々ジャズを歌っています。 Zoomヨガ教えてます。レッスンご希望の方はインスタからメッセージくださいね!@fumikokusuhara