「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

【クイズ】結婚式のご祝儀いくら包むのが正解?子どもと参加するときの金額は?

カルチャー

 小学生の子どもと結婚式に参加。ご祝儀いくら包むのが正解?

2021.11.12

答え:未成年の子どもは1万円が目安!

ご祝儀

気になる未成年の子どものご祝儀の目安は1万円だそうです。
ライフスタイルに合わせて、知っておくべきマナーが変わってくるので気になった時に確認しておきましょう。

そのほかにも、ご祝儀の金額は数字からイメージされる内容や新郎新婦との関係性に応じて変わります。

ご祝儀を包むのに縁起がいい金額は1万円、3万円、5万円、7万円など「割り切れない」奇数の金額が適しています。
奇数は「積極的な面を表現するめでたい数字、陽の数字」とする中国の陰陽思想にもとづき、使われはじめたといわれています。
今では「夫婦仲が分かれないように」という意味を込めて、割り切れない数字が良いとされるようです。

また偶数は”割れる=別れ”を連想させるため、タブーとされてきましたが、8万円は”末広がり”を連想させ良いとされています。

では、どのように適した金額を決めると良いのでしょうか。
「割り切れない数」のほかに、結婚式のご祝儀には”相場”といわれる金額があります。
ご祝儀の相場は3万円と言われていますが、自分の年齢や贈る相手との間柄などを踏まえて変わります。

▼関係性別のご祝儀の相場▼
友人、知人、会社の同僚:3万円〜5万円
兄弟、姉妹、親族:5万〜10万円
 
▼40代だからこそ気になる相場▼
夫婦で出席:5万円または7万円
挙式のみに参加の場合・未成年の子ども:1万円

新郎新婦との年齢差や親密度、地域性、先にご祝儀をもらっているか否かなどによって、適した金額が相場と異なることもあるようですよ。
ご両親と一緒に出席される場合や未成年の子どもの場合も習慣や親族で考え方が異なるようです。
相場だけで適した金額を判断するのではなく、年長者、親、きょうだいなどに相談をすることも大切なようです。


著者

ayako

ayako

「笑顔になるように」を大切に毎日を過ごしています。 子どもと図書館で一緒に過ごすことが大好きです。 皆さんのお役に立てるように頑張ります。