「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

キッチン周りのごちゃつきを一気に解消!ダイソーの神アイテム「缶ストッカー」活用アイデア3選

家のこと

stock.adobe.com
 キッチン周りのごちゃつきを解消する神アイテム!DAISO「缶ストッカー」活用アイデア3選

2022.01.31

キッチン周りのごちゃつきに悩んでいませんか? DAISOの缶ストッカーはいろんな散らかりを解消してくれる神アイテムです。今回は、このアイテムを使った便利な使い方をご紹介します。いつも悩んでいた場所が、スッキリ片付くかもしれません。

DAISOの缶ストッカーは、キッチンのごちゃつきをなくす神アイテム!

キッチン回りのごちゃつきに悩んでいませんか? 
DAISOのキッチン収納アイテムコーナーでよく見かける「缶ストッカー」はいろいろな散らかりを解消してくれる神アイテムです。
缶ストッカー

細長い形状のケースです。特徴は以下の通り。

  • 一般的な収納ケースとは異なり、350ml缶にぴったりの穴で仕切られている
  • 取っ手がついている

名前通り、350ml缶を立てて保管できるほか、実は調味料や水筒の収納にも使えますよ。

缶ストッカー

活用法1 シンプルに缶を収納

缶

名前の通り、缶を立てて使います。そのまま横にして引き出して使うこともできますし、立てて置くこともできるので場所を選びません。

缶

ペットボトルは入りそうで入りません。
ペットボトル

このように、一部だけペットボトルを入れるという使い方なら可能です。
ただし、一般的な500mlペットボトルは、缶ストッカーの穴よりも直径が大きいため、残りのスペースが圧迫されます。

活用法2 調味料立てに

調味料

直径が細めの調味料を入れると、ものすごく便利です。

シンデレラフィットするのがキッコーマン「いつでも新鮮」シリーズ。これより直径が大きくても、画像のようにものによっては入るのですが、取り出しにくくなります。

わが家では、和食によく使う醤油・酒・みりん・めんつゆの4点セットを缶ストッカーにまとめています。
ごはんしたくを始めるとき、とりあえず取っ手を持って4点セットを出しておくとはかどります。

活用法3 水筒立てに

水筒

直径6.7cmの水筒は、缶ストッカーにぴったり収まります。
取っ手がついているのも水筒収納にポイント。

わが家もそうなのですが、吊戸棚に水筒を収納しているご家庭は多いのではないでしょうか。

以前はふつうの収納ケースに立ててしまっていました。この方法だと、取り出すときに水筒が傾いて倒れてしまうことや、高い所にあるので取り出しにくいことなどプチストレスでした。

でも、缶ストッカーを使うと水筒にシンデレラフィットして収納できます。しかも取っ手がついているのでストレスなく取り出すことができます。

水筒

ここでは3つの活用法を紹介しましたが、家じゅうのさまざまなものに使えそうなアイテムです。細長く、直径6.7cmまでの円柱状のものに向きます。

ぜひいろいろなアイテムを入れて試してみてくださいね。


著者

三條 凛花

三條 凛花

夫、4歳の長女、0歳の長男、猫2匹と暮らしています。暮らしの中にあるさまざまなプチストレスは、探す・調べる・迷うといったことが原因です。そうしたむだな時間をなくして、自由に使える時間を貯める工夫を発信しています。著書は『時間が貯まる 魔法の家事ノート』(扶桑社)、『365日のとっておき家事』(三笠書房)など。