「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

バレンタインに!“冷凍パイシート”でつくるザクザク食感がやみつき韓国で人気のスイーツ「パルミカレ」のつくりかた

料理・グルメ

 パルミカレ

2022.02.11

今回作り方を紹介するレシピは、韓国カフェで人気のスイーツ「パルミカレ」です。 パルミカレは何層にも重ね、平たく焼いたザックザクのパイに、チョコレートをかけたスイーツです。 今回はバレンタインバージョンにデコレーションをしたパルミカレの作り方をご紹介します。

「パルミカレ」の基本材料

パルミカレ

<材料>(約7~8枚分)

・冷凍パイシート……2枚
・砂糖……適量
・水……適量
・板チョコレート……2枚(1枚50g)

※パイシートは長方形でもOKです。砂糖は今回はグラニュー糖を使用しましたが、ほかの砂糖でも大丈夫です。

「パルミカレ」の作り方

1.1枚の冷凍パイシートの片面ににハケで水をぬり、そこに砂糖を振りかけます。

パルミカレ

※パイシート自体はそこまで甘くないものなので、砂糖はたっぷり振りかけたほうがパイに甘みがでるのでおすすめです。

パルミカレ

2.上にもう一枚のパイシートをぴったり重ね、麺棒でパイを上から軽く押すようして2枚のパイをくっつけます。
※麺棒がない場合はラップで代用OK。 

パルミカレ

3.パイシートを半分に切り、1~3の工程をあと2回(合計3回)繰り返し、最終的にパイシートが8枚重なるようにします。

パルミカレ

パルミカレ

パルミカレ

パルミカレ※長方形のパイシート使用の場合は形が変わりますが、パイシートが最終的に8枚重なるようにします。

4.ラップでパイを包み、冷凍庫で30分ほど休ませます。

パルミカレ

5.オーブンを200℃に予熱してからパイを約1cmくらいの幅に切ります。

パルミカレ

6.クッキングシートを敷いた鉄板に、パイの断面が上にくるように互い違いに並べ、パイの断面の上に砂糖を振りかけ、200℃のオーブンで約25~30分焼きます。
※パイを焼くとかなり広がるので、しっかり間隔をあけて並べるのがポイントです。

1つの鉄板に多くても4個までパイをのせるようにします。鉄板2枚に分けて1度に焼くか、鉄板が1枚しかない場合は、のせられなかったパイは1度冷蔵庫に入れておきましょう。

パルミカレ

焼き上がりはこんな感じ!

パルミカレ

6.チョコレートを耐熱容器に割り入れ、600Wの電子レンジで30秒ごとに混ぜながら、約1分30秒あたため溶かします。パイの半分にスプーンでチョコをかけ、冷やし固めたら基本のパルミカレの完成です。

パルミカレ

簡単だけど、映える!デコレーションのやり方

今回はホワイトチョコレートとミルクチョコレートの2種類のバージョンでデコレーションしてみました。
デコレーションをする場合は、チョコレートをパイに塗ったら、チョコが固まる前にトッピングをし冷蔵庫で冷やし固めます。
ホワイトチョコレートの方はカラーチョコスプレーをでかわいらしく!

パルミカレ

ミルクチョコレートの方はドライイチゴとかぼちゃの種で大人っぽく仕上げてみました。

パルミカレ

ちなみにこちらのドライイチゴは生のイチゴを乾燥させたものです。

イチゴを縦に4~5枚にスライスして、クッキングシートを敷いた鉄板にならべ、100℃のオーブンで途中2回ほどイチゴをひっくり返しながら約90分ほど乾燥させると、簡単に自宅でもドライイチゴを作ることができちゃうんです!

パルミカレのつくりかた

パルミカレ

ザクザクの食感が病みつきになり、ミルクチョコレートのデコレーションの方はしっかりイチゴの酸味も感じられチョコレートによく合っています。

今回は簡単に仕上げるために、チョコレートを溶けにくくするためのテンパリングという工程を省いています。温かい場所では少し溶けやすいチョコレートになっているので、ラッピングする際や、プレゼントするときは温度に気を付けてくださいね。

是非バレンタインデーに作ってみてください。


著者

ミサホ

ミサホ

5歳と2歳の男の子ママです。結婚前は洋菓子店やレストラン、カフェでパティシエをしていました。簡単に作れるお菓子作りのことなど紹介中です!