「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

【冷蔵庫で20分!常温でも固まる?!】アガーを使った【簡単マンゴープリン】の作り方

料理・グルメ

 【冷蔵庫で20分!常温でも固まる?!】アガーを使った【簡単マンゴープリン】の作り方

2016.07.01

今回は、ジメジメしている梅雨の時期にぴったりなゼリーのレシピを紹介します。

ゼリーって作るのは簡単だけど固まるのにすごく時間がかかってしまい、なかなか家では作らないというママも多いのでは?

今回ゼラチンではなく「アガー」を使うだけで固まる時間が約1/4に短縮でき、忙しいママにもぴったりなレシピを紹介します!

アガーとは

【アガーとは】
ゼラチン、寒天と同じ凝固剤の一つです

【原材料】
カラギーナンという海藻やローカストビーンガムというマメ科の植物から抽出されていて、主成分は食物繊維です

【アガーの特徴のまとめ】
・35℃~60℃で固まりはじめるので、ゼラチンで作るよりも固まる時間が短縮できます
・食感はゼラチンのやわらかさと寒天の硬さの中間くらいで、弾力がありぷるんとした食感になります
・透明感が高いので綺麗なゼリーに仕上がります

【使用上の注意点】
・アガーが溶ける温度は90℃以上なので、液体をしっかりと温める
・だまになりやすいので、あらかじめアガーと分量の砂糖と混ぜ合わせ、よく混ぜながら液体と合わせる
・メーカーによって「パールアガー」「イナアガー」といった名前で売られており若干やわらかさや用途なども違ってきます

【どこで購入できるか】
スーパーなどでは置いているところが少なく、クオカや富沢商店などの製菓材料店で購入できます。ネット通販でも購入可能です

簡単!【りんごゼリー】の作り方

【材料】 4個分

100%りんごジュース 340ml
水 200ml
砂糖 60g
アガー 10g(富沢商店で購入)

【作り方】
①砂糖とアガーをよく混ぜ合わせる
②鍋にりんごジュースと水をいれて火にかける。沸騰したら弱火にして泡立て器で混ぜながら①を加える
③火からおろし耐熱容器に流しこみ、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固める。

※水を入れず液体を全部ジュースに置き換えたり、砂糖を減らして作ることもできます。実際すべてジュースで砂糖を20gに減らして作りましたが、若干甘さが足りなく酸っぱい感じになりました!

夏にぴったり【マンゴープリン】の作り方

【材料】
(マンゴープリン用)
マンゴージュース 500ml(果汁37%のものを使用、カルディーで購入しました)
牛乳 80ml
砂糖 40g
アガー 10g
(ココナッツプリン用)
ココナッツミルク 250ml
砂糖 25g
アガー3g
タピオカ 15g

【作り方】

①タピオカを戻します。手鍋にタピオカを入れ沸騰したお湯を適量入れます。15分ほどおいてから火にかけ沸騰したら中火にして20分程煮ます。9割ほど透明になって、食べてみて芯が残らないくらいになったら、ザルにあけ水にさらしてから水気を切っておきます
②マンゴープリン用のアガーと砂糖をよく混ぜ合わせます。
③手鍋にマンゴージュースと牛乳をいれよく混ぜ合わせてから火にかけます。沸騰したら弱火にして泡立て器で混ぜながら②を入れていきます
④耐熱容器に注ぎ、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固めます。表面が固まったら①のタピオカをのせます
⑤ココナッツプリン用のアガーと砂糖をよく混ぜ合わせます
⑥手鍋にココナッツミルクを入れて火にかけ沸騰したら弱火にして⑤を混ぜながら加えていきます。70℃くらいになったら④の上に流し入れ冷蔵庫で冷やし固めて出来上がりです

今回は、タピオカとミントを飾ってみました!
タピオカを戻すのが面倒という時は入れなくてもOKです。

アガーを使った場合、固まったものは50℃以上にならないと解けないので夏のちょっとした手土産にも最適です。
是非作ってみてください!

著者

ミサホ

ミサホ

5歳と2歳の男の子ママです。結婚前は洋菓子店やレストラン、カフェでパティシエをしていました。簡単に作れるお菓子作りのことなど紹介中です!

この記事をシェア