「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

乳幼児ママ必見☆【らくらくまんま うどん】が離乳食時期に便利!

家族・人間関係

 乳幼児ママ必見☆【らくらくまんま うどん】が離乳食時期に便利!

2017.04.26

幼稚園や保育園など新生活をスタートして何かとバタバタとする忙しい時期ですよね。
忙しい時に便利な離乳食を食べる赤ちゃんを抱えるママ必見!の商品をご紹介します。

赤ちゃんも大好き!

Photo: 釜揚げうどん By Yuya Tamai出典:www.flickr.com

10倍粥から食べる練習をスタートした赤ちゃんも月齢が進むにつれて少しずつ食べられる食品が増えてきて、赤ちゃんそれぞれの好みが出てくると思います。
個人差はあるものの、うどんが大好きな赤ちゃんのために離乳食の定番メニューになっているご家庭が多いのではないでしょうか?

長いうどんがまだ噛んで飲み込めない赤ちゃん。
乾麺を茹でる前にパキパキと折る?
茹でてから麺カッターでカットする?
意外と時間がかかりますよね…

ありそうでなかった!?そんな時のお助け食品

今年の3月に新発売した【和光堂 らくらくまんま うどん】。
なんと、既にちょうど良い長さ(1㎝弱)にカットされた乾麺のうどんなんです!!
7ヶ月以降のモグモグ期から食べやすい長さ。
(※小麦粉アレルギーのある赤ちゃんにはあげないで下さい。うどんに慣れるまで月齢によってはさらに刻んであげる必要があるのでご注意下さい。)
原材料は小麦粉のみ、しかも食塩不使用なので安心ですしお鍋1つで調理出来るところもポイントが高いですよね。

100g入り250円前後でアカチャンホンポなどの離乳食を取り扱う店舗で販売されており、5ヶ月以降のそうめんバージョンもあります。

実際に作ってみました!

パッケージの裏面に量の目安が書いてあるので、その通りに作ってみました。
沸騰したお湯で6分茹でるだけで出来上がり!(好みによってもう少しくたくたに煮てもOK)
そのままお鍋に出汁、野菜や塩抜きしたしらすなどを煮込むことが出来るので洗い物も少なく済みます。

実際に10ヶ月の赤ちゃんにあげてみましたが、家でカットした麺よりも均等な長さで食べやすいのか口からこぼれにくかったです。あげる側としてもスプーンですくいやすく感じましたよ!

食事の楽しさを赤ちゃんに知ってもらう大切な離乳食の時期。大変ですが、便利な食品を上手く活用しながらママも赤ちゃんも笑顔でいられます様に。

著者

shukana

shukana

小学生、幼稚園児の男の子のママ。出産前まで紳士服業界に携わり、TES(繊維製品品質管理士)の資格を取得。 暮らしをより楽しく、よりラクに過ごすための方法を日々模索中です。

この記事をシェア