「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

水切りヨーグルトを作って「ホエー」を手に入れよう!ほったらかしでできるから簡単!おやつレシピも紹介

料理・グルメ

 水切りヨーグルトを作って「ホエー」を手に入れよう!ほったらかしでできるから簡単!おやつレシピも紹介

2019.10.15

ホエーとは、水きりヨーグルトを作るときに出てくる水分のこと。このホエー、ただの液体かと思いきや、カルシウムなどの栄養がとても豊富なんです。せっかく水きりヨーグルトを作ったら、ホエーも捨てずに活用したいですよね。そこで、ホエーの作り方と、ホエーを使った冷たいおやつのレシピをご紹介。さらに、ホエーを料理に使うアイデアもお教えします。

ホエーの作り方

写真は、下からボウル、ざる、キッチンペーパー、ヨーグルト、ラップ、重し。

ひと晩(7〜8時間)おいた水きりヨーグルト(左)とホエー(右)。

①ボウルに重ねたざるに厚手のキッチンペーパーを敷き、プレーンヨーグルト(無糖)を入れる。
②ヨーグルトの表面をラップで覆い、重し(ボウルなど)をのせて冷蔵室へ。

※この状態で、作りたい水きりヨーグルトの味わいに応じて30分〜ひと晩(7〜8時間)おく。このとき、ボウルにたまった水分がホエー。水きり時間が長い方が、濃厚な味わいの水きりヨーグルトになり、たくさんホエーが作れる。

※ひと晩(7〜8時間)おくと、1パック(450g)分のヨーグルトから、約1カップの水分(ホエー)が作れる。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

 

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

この記事をシェア