「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

旬な「りんご」レシピ3選!ブルーチーズと一緒にトーストしたら程よいクセが旨すぎた!簡単ジャムレシピも

料理・グルメ

 旬な「りんご」レシピ3選!ブルーチーズと一緒にトーストしたら程よいクセが旨すぎた!簡単ジャムレシピも

2019.12.18

フードケータリングの「MOMOE」を主宰する料理家、稲垣晴代さんが、四季折々の野菜を使った“体が喜ぶ”ナチュラルレシピを紹介します。今回紹介するのは、りんごを使った料理。りんごはフルーツですが、野菜のように栄養満点なんです。おやつやジャムのほか、ペンネのソースにしても、りんごの風味が際立ちます。

今回は、りんご

「1日1個で医者いらず」といわれるほど、フルーツの中でも抜群の栄養価を誇るりんご。特筆すべきは、リンゴポリフェノール。免疫力を上げる、抗酸化作用、脂肪の蓄積を防ぐなど、多彩な効果が期待できる。水溶性、不溶性の食物繊維をバランスよく含むのも特徴で、腸元気をサポートし、有害物質を効率よく排出。疲労回復効果が期待できる、クエン酸、リンゴ酸も豊富。

加熱しても美味しい料理に使いやすいフルーツ

「冬といえば、りんごですよね。私は、あの絶妙な水分加減が大好き。薄切りにして、スナック感覚で食べちゃいます。
 りんごは、特に冬の体にいい栄養がいっぱい。免疫力を上げたり、体の疲れをとったり、それにビタミンCとかポリフェノールとか、女性にうれしい栄養も。フルーツだけど、もっと料理に使ってもいいと思います。
 りんごって、じつは、火を通しても美味しいんです。アップルパイなんて、食感がたまらないですよね? 程よい甘みと酸味があるから、料理に爽やかなアクセントを加えてくれます。特に、クリームやチーズとの相性が抜群です。
 りんごの種類は、好みにもよりますが、基本的になんでも大丈夫です。あれ? ちょっと味がぼやけてきたかな? なんてときも、料理なら意外とイケちゃうんですよ」

レシピ1 りんごとチーズのスティックトースト〜おやつに

ブルーチーズとりんごはベストカップル。ワインとぜひ!

【材料】(2人分)
りんご…1個
食パン(6枚切り)…2枚
マスカルポーネチーズ…大さじ4
ブルーチーズ…小さじ1
メープルシロップ…小さじ1
はちみつ(好みで)…適量
ローリエ…適量

【作り方】
①食パンにマスカルポーネチーズを塗る。
②りんごはよく洗い、芯をとって皮付きで薄切りにして①の上に並べ、1枚はブルーチーズをちらし、もう1枚はメープルシロップをかけ、ローリエをのせる。
③オーブントースターで2、3分焼いて3等分に切り、好みではちみつをかける。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

 

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。