暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

2020年も幸福度世界1位!今世界から注目されているフィンランドのゆとりある生き方

mamiWaka

結婚している方の中には、仕事と家庭の両立に日々頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか? 平日は自分も働きながら、家にまつわる家事のほとんどすべてをひとりでこなして、やることと時間に追われ疲弊している方も多いですよね…。そんな忙しすぎる日本の女性が驚くほどゆとりのある暮らしをしている国があります。それは、マリメッコやイッタラといったオシャレなブランドで有名な国というだけではなく、幸福度世界1位、ワークライフバランス世界1位と、今世界から注目されているフィンランド。そのゆとりある働き方や生き方を書籍『フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか』からご紹介します。

フィンランド人は残業をほとんどしない

出典:unsplash.com

日本では、少しずつ変わりつつはありますが、まだまだ長時間労働をしている方は多いハズ。結婚し子どもができても、パパが毎日残業で帰りが遅く、ママ一人が育児や家事をすべて担うワンオペ育児は日本ではもはや当たり前かもしれません。

一方でフィンランドは、残業をする人はほとんどいないというから驚きです。大体8時頃から働き始め16時をすぎるとみんな帰っていくのが普通。長時間労働で見れば、週49時間以上の長時間労働をしている人の割合は、日本では20%以上で、男性だけ見れば3割近くにもなりますが、フィンランドはたったの8%なのだそう。

また、有給休暇はなかなか消化しきれず、夏休みも長くて1週間程度という日本と比べて、有給消化率100%で夏にはしっかり1ヶ月休むのがフィンランド。やむをえない残業をした場合は、その分の時間をまとめて休暇として取ることが多く、有給と残業分を足して夏休みを6週間取ることも珍しくないそうです。

こう書いてあると、職種によっては定時に帰ることができない人もきっといるんだろうと考えてしまいますが、どんな職種でも定時で帰ることは当然のようです。日本では激務で長時間労働をしているイメージのある医師ですが、フィンランドの働く医師の就労時間は週38時間と15分。もし執刀予定の手術が後ろにずれ込んで帰宅時間になってしまっても、執刀医を他の医師に替えて定時で帰れるように調整するというエピソードも紹介されていました。定時で帰ることや休みをしっかり取ることが「国や社会の常識」と言われるほど浸透しているフィンランド。休み明けにはリフレッシュした分効率のいい仕事ができると考えられているようです。

  • 1
  • /
  • 2

前日の全体記事ランキング

1

いちご農家の娘さん考案!いちごを“激うま”に変身させる食べ方が話題!

いちごをスーパーで購入したけれど、思ったよりも甘みが控えめだった……。そんな経験はありませんか? Twitterで話題の“いちごをおいしく食べる簡単な方法”が気になったので、そのウワサは本当なのか、実際に試してみました!

2

【しまむら】可愛すぎるシルエットのブラウスが1290円!使いやすいデザインで春に大活躍!

しまむらでプチプラなブラウスを発見! 今季のトレンドでもあるブラウスは着こなし方も色々ありますよ。

3

【ローソン】カリとろ~りの食感がたまらない!ホットスナック「GU-BO(グーボ)」新登場!

ローソンから「GU-BO(グーボ)」という新しいスナックが登場しました! 不思議な名前だと思っていたら、グゥ~となったらボー!ということで「GU-BO(グーボ)」だそうです。3種類の味もあり、気になったので、さっそく試してみました!

4

プチプラコスメだけど実力あり!セザンヌ「カラーティントリップ」の新色で明るい印象に

セザンヌから3月16日に発売された「カラーティントリップ」の新色「CT5ピンクベージュ系」と「CT6コーラル系」は塗りやすくて落ちにくい優秀コスメです。 発色もよく顔をパッと明るく見せてくれますよ。早速ご紹介します。

5

オーブン不要!材料3つで作れる不思議食感の「生チョコクッキー」が止まらないおいしさ

YouTubeをメインに簡単レシピを紹介している、てぬキッチンさん考案の生チョコクッキー! オーブン不要、そして材料はたったの3つでとても簡単に作れちゃいます。外出自粛ムードで家にいることが多いので、さっそく作ってみました。

この記事をシェアする

TOP