暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

あっという間に完食間違いなし!子どもが喜ぶカニカマを使ったレシピ3選

✨悠美✨

外出自粛でお家でご飯を作る機会もかなり増えてきています。でもそんな中でも、子ども達が喜ぶ料理を作ってあげたいですよね。

そんなときには、子どもも大好きなカニカマを使う料理はいかが? テレビ番組『マツコの知らない世界』でも紹介されたことのあるスギヨの「香り箱」を使って、子どもも喜ぶカニカマ料理をご紹介します。

スギヨの「香り箱」とは?

出典:www.sugiyo.co.jp

スギヨの「香り箱」とはカニカマのこと。でもカニカマなのに驚いてしまうくらい本物のカニにそっくりな食感と味なんです。「香り箱」は、全国のスーパーの鮮魚売り場でも購入できますが、オンラインショップでも購入可能です。
今回はこの「香り箱」を使って簡単に、そして子どもが喜んで楽しめるレシピを3つ紹介したいと思います。

スギヨのカニカマの詳細はこちら
オンラインショップはこちら

【レシピ①】バターとコーンで止まらない!「とうもろこしバターの炊き込みご飯」

出典:www.sugiyo.co.jp

【材料】
・香り箱        1パック
・米          2合
・とうもろこし     1本
・バター        10g

〈だし汁(塩だし)360cc〉
・昆布だし        360g
・【A】塩(あらじお)  小さじ1/2
・【A】酒        1/2
・【A】だし昆布     5g

【つくり方】
1:【だし汁の作り方1】
昆布を水に30分浸けた後、中火にかけ、沸騰直前で昆布を取り出す。(=昆布だし)
※水1Lに対して昆布10gの割合

2:【だし汁の作り方2】
煮出した昆布だしに【A】を加える。
3:とうもろこしは実を包丁でこそげとる。
4:とうもろこし、米、だし汁を炊飯器に入れて炊く。
5:ご飯が炊けたら、ふたを開けて軽くほぐした香り箱をまんべんなくのせる。
6:もう一度ふたをして、10〜15分蒸らす。
7:最後にお好みでバターをのせる。

「とうもろこしバターの炊き込みご飯」の公式レシピはこちら

子どもの食欲が止まらなかった「とうもろこしバターの炊き込みご飯」

「とうもろこしバターの炊き込みご飯」は、昆布だしの味がしっかりついていること、またコーンとバターの相性がとても良いこと。さらに、最後に加えた香り箱のカニカマは火が通りすぎておらず、しっかりとした蟹っぽい雰囲気を残し癖になる味でした。子ども達にも大好評で、「この蟹ごはんおいしすぎる!!」と言っていました。いつものごはんの量で食べさせたのですが、おかわりのラッシュでした。

  • 1
  • /
  • 3

前日の全体記事ランキング

1

【洗濯の裏ワザ】うっかりつけたボールペンのインク汚れは「ご飯粒」が解決してくれる件!

白いシャツを着ているときに限って、汚してしまうことはありませんか? 胸ポケットに先を出したままボールペンを入れたままにしてしまったり……。 汚れの中でも、ボールペンのインクってなかなか取れないですよね。 そんな時の救世主は、以前TV番組「ソレダメ! 〜あなたの常識は非常識!?」でやっていた「ご飯粒」を使った落とし方。早速、私も試してみました。 液体洗剤と混ぜて汚れ部分にこするだけでみるみるうちに汚れが消えていくんですよ~。 驚きの方法を紹介します。

2

鶏むね肉をやわらかく仕上げるコツは?節約したいけどがっつり食べたいときのピリ辛鶏むね肉おかず2選

ヘルシー食材の代表格といえば"鶏むね肉"。 低カロリーで高たんぱく質に加えてリーズナブルなので家計にも優しいです。 その一方でパサパサの食感が苦手という人も多いのではないでしょうか? そこで、ひと手間加えるだけでふんわり仕上げることのできるワザをご紹介します。 今回は、そのワザを使って韓国風の「ヤンニョムチキン」と「タンドリーチキン 」の2品を作りたいと思います。 どちらも簡単に作れるので忙しいときにもぴったりなレシピです。

3

「酸っぱいキウイ」を甘~くする裏ワザ試してみた!「えっ、カットして冷蔵庫に入れるだけ⁉」

栄養価の高いキウイは、ビタミンCも豊富に含まれているので風邪などが流行る季節に積極的に食べたいですよね。でも酸っぱいキウイは苦手、という方も多いのでは? 酸っぱいキウイを簡単に甘くする2つの方法を試してみたので、ご紹介します!

4

【免疫力アップ】でコロナに負けない体作り!調理いらずで手軽に食べられるおすすめ第1位は?

新型コロナウイルス再流行への警戒は続いていますが、最近では経済活動が徐々に再開され、人の往来が戻りつつあります。そこで、感染から身を守るために「免疫力」への関心が高まっています。 長い自粛期間が続く中、「免疫力」を高めるために、みんなはどのような工夫をしているのでしょうか。さっそく、みんなが実際に実践している「免疫力アップ」の具体的な対策を見ていきましょう。

5

やるとやらないでは大違い!【フェイスパウダー】の塗り方のひと手間で、肌の透明感&崩れにくさがUP!

年齢を重ねるにつれ、お肌に「透明感」がなくなってきたと感じませんか? 「マスク」が手放せない今、どうしてもお顔の印象が暗くなりがちですよね。 「フェイスパウダー」の塗り方を少し工夫するだけで、お肌に「透明感」がプラスされ、お顔の印象がパッと明るくなりますよ。それでは早速、ご紹介します。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP