「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

【行ったつもりでおうちご飯・北海道飯2品】ボリュームたっぷり"豚丼"がなまら(とても)ウマい

料理・グルメ

 【行ったつもりでおうちご飯・北海道飯2品】ボリュームたっぷり"豚丼"がなまら(とても)ウマい

2020.05.02

北海道に行きたいけれど行けない…でも行った気分を味わいたいと思う方も多いのではないでしょうか。
そんな時はおうちで郷土料理を味わうのはいかがですか?
作りながら特産は何かなど調べるとより楽しいですよ。

今回はご飯に乗っけるだけの丼“豚丼”とじゃがいもを使った“いももち”を紹介します。
食欲のそそる見た目に、気分だけでも北海道を感じてみましょう。

食欲が湧いてくる「豚丼」の作り方

豚丼の材料はこちら。

1.ボウルに醤油、砂糖、みりんを入れ、混ぜ合わせる。

2. 熱したフライパンに油をひき、豚肉を焼く。

3. お肉が両面焼けたら、合わせ調味料を鍋肌から入れていく。

4.合わせ調味料が絡んだら、火を止める。

5. 器にご飯を盛り、肉とタレをのせてできあがり!

◯材料(1人分)

豚肉(ロースまたはバラ肉)…100g
醤油…大さじ2
みりん …大さじ1
砂糖…大さじ1

今回は豚バラ肉を使用しました。
豚バラ肉を焼いてタレを絡めるだけでパパッとできあがりました。タレは2:1:1と覚えやすいのも嬉しい。これは料理のレパートリーに追加ですね!
豚バラ肉は、焦げる一歩手前ぐらいで火を止めると、香ばしくおいしく焼きあがります。
タレが濃いめの味付けでそれがまた食欲を掻き立てます。

鍋肌から入れることで、タレが少し焦げ香ばしく仕上がります。
つゆだくだくにしてもおいしかったです。
七味唐辛子、山椒、マヨネーズ、海苔などをちょい足ししてもOK!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

 

著者

RIE

RIE

小1女の子ママ。 食育実践プランナーの資格を持っています。毎日時短&簡単料理しか作らず炊飯器が相棒です。 おいしいもの好きで新商品に敏感。 コンビニ、カルディ、業務スーパーをよくパトロールしています。