暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

写真に思わず残したくなる♡紫陽花をモチーフにした、見ても食べてもおいしいスイーツ3選

✨悠美✨

6月に入り、梅雨に突入した地域も多いですよね。しばらくジメジメベタベタする憂鬱な時期が続きます。そんな梅雨時期と言えば、紫陽花(あじさい)が美しい季節です。梅雨時期だからこそ、紫陽花をモチーフにしたスイーツを味わってみませんか?

今回は紫陽花スイーツをご紹介していきたいと思います。

【紫陽花スイーツ①】不二家「あじさいミルキーモンブラン」389円(税別)

出典:www.fujiya-peko.co.jp
出典:www.fujiya-peko.co.jp

紫芋ペースト、紫芋クリームで見た目はまさに紫陽花のこちらのスイーツ。中には、雪塩ミルキークリームが入っていて、あまじょっぱい味わいが楽しめます。

公式HPはこちら

【紫陽花スイーツ②】セブンイレブン「宇治抹茶パフェ あじさい色のゼリー」290円(税別)

出典:www.sej.co.jp

セブンイレブン「宇治抹茶パフェ あじさい色のゼリー」は、紫陽花の花のような綺麗な色のレモンゼリー。モチモチ白玉や抹茶のゼリーがたっぷり入った和パフェです。

公式HPはこちら

【紫陽花スイーツ③】シャトレーゼ「バタフライピーのカップデザート」280円(税別)

こちらは、「バタフライピー」を使用したクラッシュゼリーを紫陽花に見立てた、ブルーのゼリーがキレイなスイーツです。「バタフライピー」とは天然由来の澄んだ青色をしたハーブティーのこと。このスイーツにはレモン汁が付いてきますが、なんとこのレモン汁をバタフライピーゼリーにかけると、ブルーからほんのり紫色に変わるんです! 目でも口でも楽しめるスイーツですよ。

公式HPはこちら

雨が多くジメジメしてとても過ごしにくい梅雨の季節ですが、美しい花を咲かせる紫陽花がキレイな季節でもありますね。この時期だからこそ楽しめる紫陽花スイーツを楽しんで、ジメジメ気分を乗り切ってくださいね。

※ご紹介した商品は掲載当時の情報のため、在庫状況、価格などが異なる場合があります。

前日の全体記事ランキング

1

【夏のフットネイル】ネイルシールって実際どうなの?半信半疑で使ってみたら……やり方と持ちの良さをレポート

サンダルを履く機会が増える夏に必須なのがフットネイル。なるべく外出を控えたい今、手軽なのは自宅でできるセルフネイルですが、単色塗りになりがちなのと、落ちやすいのがストレスですよね。そこで、貼って削るだけでおしゃれなネイルアートが楽しめるフットネイルシールを試してみました!

2

毎日たった4分で体が確実に変わる!「フランス式膣トレ」実践しよう【後編】

パーソナルトレーナーのベルジェロン容子です。 産後出会ったフランスの「膣トレ」を日本でも自宅で簡単にできるようにしたいと「フランス式膣トレ」を考案しました。 「膣トレ」は筋トレです。膣を意識することで鍛えられるのは骨盤底筋からみぞおちにかけてのインナーマッスル。見えない部分の筋肉群です。前回の【前編】でチャレンジした2か所に続き、今回は最後の穴“経口”部分を2種類のイメージを使って動かしていきます。「フランス式膣トレ」で女性の大切な部分をきちんと整え、数多ある「膣トレ」の効果をあなたの心身でぜひ体感してください! フランス式膣トレ【前編】  さぁ、「フランス式膣トレ」を始めましょう。

3

寝苦しい夜でも快眠できる方法5選|冷房が苦手な方でも快適に眠れる工夫

夏になると、毎晩寝苦しい日々が続きます。でもエアコンが苦手な方も多いかと思います。そんなときに手軽に暑さを和らげることができるグッズや方法をご紹介します。

4

【夏の食中毒対策】水筒をいつも清潔に保つ洗い方【動画付き】

夏になると食中毒のリスクが高まります。 子どもたちに持たせたり、何気なく使用している水筒にもその脅威は潜んでいるのです。 健康な毎日を過ごすためにも、毎日の水筒ケアを確認していきましょう。

5

【徹底比較】100均で買えるゴミ袋のコスパ・使いやすさを比べてみた!レジ袋有料化でゴミ袋どうする?

2020年7月1日より、全国でプラスチック製の買い物袋の有料化が始まりました。資源・廃棄物制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの環境問題と向き合うため、有料化を通じて、プラスチックの過剰な使用を抑えようという意識改革が求められています。 エコバッグ生活には慣れてきたものの、スーパーやコンビニエンスストアでレジ袋をもらわなくなると不都合に感じるのが、“自宅のゴミ袋がなくなる”ということ。「今までレジ袋をゴミ袋として再利用していたのに、どうしよう?」という声も多くあがっているそうです。なるべくプラスチック製の袋の使用回数を減らそうと工夫はしつつも、生ゴミをまとめるときなどは、衛生面の観点から引き続きビニール袋が必要なシーンも……。そんなときのために、賢くストックしておきたいですよね。 そこで今回は、ダイソー、セリア、キャンドゥの100円ショップで販売されている、さまざまなゴミ袋をまとめてみました。サイズやコスパなどを比較し、家庭で使いやすいビニール袋をタイプ別でご紹介します。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP