暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

室内でも雨の日も「紫外線対策」って必要なの!?日焼け止めの正しい塗り方知っていますか?

saitaPULS編集部

夏に向けたこれからの季節、「紫外線」は多くの女性たちの関心事ですよね。美しく健康な肌でいるためには、日頃からの紫外線対策が大切です。しかし夏前の梅雨の時期は「雨だから」「家からほとんど出ないから」という理由で「紫外線対策はまだ早い」と、油断していませんか?

実はその油断、のちの後悔に変わってしまう可能性が! 今こそ知っておきたい紫外線に関する基本的な情報と、梅雨時期から始める正しい紫外線ケアについて、資生堂研究員の方にお話を伺いました。

Q1.梅雨や曇りのとき、日焼け止めは塗らなくていい?

出典:www.shiseido.co.jp
■月別 UV-A・UV-Bの量
出典:www.shiseido.co.jp
■晴れた日の紫外線を100%とすると…

A1. NO

晴れの日の紫外線量を100%とした場合、曇りの日は「約65%」、雨の日でも「約20%」の量の紫外線が降り注ぎます。太陽が見えなくても、紫外線は存在しています。屋外での日焼けの主な原因である「レジャー紫外線」とも呼ばれるUV-Bは、春から夏にかけてピークを迎えます。

梅雨時期のうっかり日焼けを防ぐためにも、日常的に日焼け止めを塗る習慣をつけ、紫外線を予防しましょう。

Q2.一日中家で過ごすとき、日焼け止めは塗らなくていい?

A2. NO

生活紫外線と呼ばれるUV-Aは、雲や窓ガラスも透過し、シワやたるみの原因となります。室内や車内で過ごす際も、油断せずに日常的に日焼止めを塗ることが大切! 換気のために窓を開ければ、その分紫外線が届きやすくなります。

また、紫外線が地表に届くのは、昼間だけではありません。紫外線量は、朝7時ごろから徐々に増えはじめ、朝9時には急増します。正午前後にピークを迎えた後は、だんだんと量は減っていきますが、夕方になってもゼロにはならず、午後の遅い時間まで残っています。

洗濯物を干す、ベランダで水やりをするなど、短時間であっても紫外線を浴びる場合は、紫外線対策をきちんと行いましょう。

Q3.マスクをしていれば、日焼け止めは塗らなくていい?

A3. NO

マスクやサングラス、時計などをしていると、肌が隠れている部分と、そうでない部分の紫外線の当たり方に差ができ、ムラやけの原因になります。

マスクで覆っていても隙間があったり、マスクの種類によって完璧に紫外線を防げない可能性もあるため、マスクで隠れる部分も忘れずに紫外線ケアを!

Q4.紫外線が多い日に選ぶべき洋服の色や素材はある?

出典:www.shiseido.co.jp

A4. YES

紫外線を防ぐ効果が高いのは、淡い色より濃い色、また素材も厚地のほうが紫外線を防ぐ効果は高くなります。素材によっても、レーヨンは96%、ポリエステル90%、絹84%、綿68%、麻56%と、UVカット率は異なります。それぞれの素材の特徴を知り服装を選ぶとよいでしょう。

「紫外線」の種類について学んでみよう!

出典:www.shiseido.co.jp

紫外線の種類は、波長の長さによってUV-A(紫外線A波)、UV-B(紫外線B波)、UV-C(紫外線C波)の3つに分けられます。UV-Cはオゾン層に吸収され、地表には届きません。つまり、私たちの肌に最も悪影響をもたらすのは、UV-AとUV-Bの2つです。

紫外線ダメージに負けず、健やかで美しい肌をキープするためには、UV-AからもUV-Bからも徹底的に肌を守ることが大切です。

●UV-A
地表に降り注ぐ紫外線の約9割を占めています。波長が長く、美しく健やかな肌の源である真皮層にまで到達し、ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸をつくりだす線維芽細胞を傷つけてしまいます。雲や家の中、車の窓ガラスも透過して肌にも到達するため「生活紫外線」とも呼ばれます。UV-Aを浴びると、肌はゆっくりと黒くなり、弾力を失い、シワやたるみといった見た目の印象を大きく左右する肌悩みを引き起こします。

●UV-B
波長が短く、真皮には到達しませんが、さまざまなダメージをもたらします。屋外での日焼けの主な原因となるため「レジャー紫外線」とも呼ばれます。たくさん浴びてしまうとヤケドをしたように肌を赤く炎症させるサンバーンや、メラニン色素が沈着して肌を黒くするサンタン、長期的にはシミやシワの原因になります。

肌を守るために知っておきたいSPF・PAのこと

日焼け止めに表示されている「SPF」と「PA」は、化粧品の紫外線防止効果を示す指標です。それぞれの違いをきちんと理解し、利用シーンや肌の悩みに応じて、日焼け止めを選びましょう。

●SPF
UV-Bを防ぐ効果を表す数値。
数値は、肌が赤くなる炎症を防ぐ効果の高さを示しています。最大値は50+。

●PA
UV-Aを防ぐ効果を表す目安。+の数は、肌の黒化や弾力低下を防ぐ高さを示しています。最大値は++++。

  • 1
  • /
  • 2

前日の全体記事ランキング

1

夏マスクの涼しさ徹底比較!ユニクロ、イオン、無印良品、ハッカスプレー4種類のマスク、それぞれの使い心地は

今年の夏は、“うつさない、もらわない”新しい生活様式として、マスクの着用が求められています。暑い季節は汗をかいて蒸れたり、息苦しさを感じたり、不快な思いをしてマスクストレスを抱えている方も多いのではないでしょうか。 そこで試してみたくなるのが、つけ心地が涼しく、夏でも快適だとウワサのマスク。「購入したいけれど、どれがいいのかわからない!」という方のために、①ユニクロの「エアリズムマスク」、②イオンの「PASTEL MASK(パステルマスク)洗って使える3Dマスク」、③無印良品の「繰り返し使える2枚組・マスク(サッカー織り)」に加え、④使い捨ての不織布マスクにハッカスプレーを吹きかけたもの、の4つのマスクを実際につけ、どのマスクが快適に感じるのかを比較してみました。夏用マスクの購入を検討中の方は参考にしてみてくださいね。

2

【料理の裏ワザ】とうもろこしの粒をズババッとあっという間に取る方法【動画付き】

夏に美味しいとうもろこしは、加熱したあと、丸ごとかぶりついて食べるのが最高ですが、粒を切り離して、様々な料理に活用、調理することもありますよね。 その時に気になるのが、どうやって芯から切り離すのか… そこで今回は、とうもろこしの実を無駄にせず、簡単かつスピーディに芯から切り離す方法をご紹介します。

3

”冷凍トースト”が忙しい朝を変える!具材をのせて冷凍するだけ!朝は焼くだけのラクちん朝食

みなさん、食パンの保存方法ってどうしていますか? 食パンの保存方法に適しているのは冷凍といわれています。 食パンをラップに包んで冷凍するときにちょっとひと手間加えてみませんか? 好きな具材をのせて冷凍しておけば、食べたいときにそのまま焼くだけで大満足なトーストが食べられちゃいます。 忙しい朝に大活躍まちがいなし!

4

母親になってから窮屈だと感じたことがある人へ。「母親だからという呪縛」は華麗にスルーがちょうどいい

子どもを産んでから、大人になってから、「なんとなくこうしなきゃ」という呪縛にかかっている人は多いものです。 例えば、「ご飯は手作り」「家事の主体は女性」。やりたくてやっているならOKですが、不満に思いながらも「自分の母親もやっていたし」と思って我慢しているなら、そろそろその価値観を手放してもいい頃かもしれません。 常に「自分はどうしたいか」と向き合いながら生きてきた、経済評論家の勝間和代さんとバリキャリ金融女子の川村真木子さんの対談から、皆さんに「母親・女性像の呪縛からの解放」についてお届けします。

5

夏のインナー徹底比較!ユニクロ、GU、イオン、ヨーカドーのインナーを涼しさ・着心地・脇汗対策で分析

いよいよ気温がグッと上がる真夏の到来! 洋服と一緒に“インナー”も夏用のものにかえて、暑い毎日を快適に過ごしたいですよね。 各ショップで、年々バリエーションが増える夏のインナー。「一体どれを選べばいいの?」「違いはあるの?」と、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、大手メーカー4社であるユニクロ、GU、イオン、イトーヨーカドーの夏用インナー(白キャミソール)をそれぞれ実際に着用し、涼しさや着心地、ニオイと脇汗対応、デザイン性、サイズ感などを比較してみました。よかったら、参考にしてみてくださいね!

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP