暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

ダイエットしてもお尻や足が太い……下半身太りに30秒でできる3つの痩せワザ

猪坂 みなみ

「ダイエットしているのに上半身は痩せても下半身が痩せない」「下半身が太るタイプなので全身のバランスが取れず、スタイルが悪く見えてしまう」「夫が冗談のつもりで下半身デブと呼んでくるのがムカつくので痩せて見返したい」そんな風にお悩みではありませんか?
女性はもともと太ももやお尻周りに脂肪がつきやすいもの。でも、ちょっとしたコツで下半身をスッキリさせることはできます!ダイエットアドバイザーの管理栄養士が、下半身ヤセのための簡単な方法をお伝えしますね。

下半身太りってどんな状態?

下半身太りとは、脚や太もも、お尻が太ってしまった状態のこと。女性はもともとこの部分に脂肪がつきやすいのですが、さらに、仕事などで立ちっぱなし、もしくは座りっぱなしのことが多い、運動不足、お酒が好き、味の濃いものを好む、などに当てはまる方は、水分の代謝が滞りやすいため、余分な水分が体内にたまり、水太りの状態になっている可能性があります。

糖質制限…だけじゃダメ!実は塩分があなたの下半身太りの原因かも?

味の濃いものが好きだったり、外食やコンビニご飯が多い場合は、知らず知らずのうちに塩分を摂り過ぎていることがあります。
塩分を摂り過ぎると、身体が体内の塩分濃度を薄めようとして、水分を蓄えようとしてしまいますので、むくみも悪化してしまいます。
できるだけ、塩分摂取量を控えるようにしましょう。

●スープ:汁は飲まずに、具だけを食べる
●サラダ:ドレッシングは半分だけ使う
●納豆:タレは半分だけ使う
●ソースのかかったおかず:できるだけソースを落として、素材のみを食べる

市販のおかずや外食メニューは、万人受けするように濃い味付けになっています。ドレッシングやタレ、ソースは全部かけないようにするのが、下半身の水太り防止のポイントですよ。

「湯船足上げマッサージ」で下半身すっきり!

脚がむくんで太くなる理由は、全身の水分が下へ落ちていくからです。
そのため、できるだけ脚を上げてマッサージしてあげるのが水太り解消には有効ですよ。お風呂なら浮力があり脚を上げやすいので、「湯船足上げマッサージ」で体内の水循環を改善しましょう。
やり方は簡単で、湯船につかるときに、湯船のふちに片足ずつのせて、両手でマッサージをするだけです。両足をのせると湯船の中で滑ってしまう可能性があり危ないので気を付けて下さいね。

漢方薬なら医薬品なので飲むだけで下半身すっきり!

「食生活には気をつかっているつもりなのに下半身太りから脱却できない」

「忙しくてマッサージや運動の時間がとれない」

そんな方には漢方薬がおすすめです。

対症療法ではなく、体質自体の改善に働きかけるため、水太りの根本的な解決につながりますよ。

また、健康的な食事やセルフケアを毎日続けるのは苦手という場合も、医薬品として効果が認められた漢方なら、毎日飲むだけで効果を実感できるので、手間なく気軽に継続できます。

<水太りにおすすめの漢方薬>

●防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)
色白で疲れやすく、汗をかきやすい方によく使用される漢方薬です。水の巡りを改善することで、水太りを改善してくれます。

今回は水太りの方によく使用される漢方をご紹介しましたが、漢方薬を選ぶ際には自分の体質に合ったものを選ぶ事が大切です。体質に合っていない場合は、効果が出ないことや、副作用が出ることもあります。

あなたの下半身太りの原因が水太りではない可能性もありますので、購入時にはできる限り漢方に精通した医師、薬剤師等にご相談ください。

自分に合った漢方薬が知りたいけど、近くに漢方専門薬局がない…という方には、インターネット上で漢方の専門家に相談できるAI漢方もおすすめです。

あんしん漢方(オンラインAI漢方)

忙しくても30秒ならできるはず!諦めずに水太りを解消しましょう

女性の下半身太りはむくみが原因の可能性があることと、そんな水太りを解消するための、簡単な3つの技をご紹介しました。
毎日30分ランニングをするぞ!という大変なものではなく、減塩なら食事のときに少しタレを減らすだけ、マッサージはお風呂の入浴時間を活用可能、漢方薬に至っては飲むだけ、と、全て30秒以内で実践できるものばかりです。忙しい中でもとりいれられますので、ぜひ試してみてくださいね。

この記事を書いた人

漢方食養生アドバイザー 猪坂みなみ
管理栄養士
ダイエットスクールの運営や、Webメディアを中心に健康・ダイエット情報、漢方の養生方法などの情報発信・執筆活動を行っています。

Diet Solution Lab
ヘルスデザイン YouTube
ヘルスデザインFacebook
ヘルスデザインTwitter

 

前日の全体記事ランキング

1

【料理の裏ワザ】ふわっふわのホットケーキを作る方法!「えっ、”みりん”を足すの⁉」

忙しい朝やおやつなどに大活躍してくれるホットケーキ。子どもも大好きですよね。 そんなホットケーキがとってもおいしく仕上がるレシピをご紹介。 ふわふわにするために入れるのは、なんと「みりん」なんです! タカラ本みりんで有名な宝酒造のHPで発見した裏ワザを参考に実際にやってみました。

2

卵の扱い次第で料理が劇的にウマくなる!親子丼、チャーハン、カルボナーラを紹介

卵の白身は約60度台でとろりとした状態になり、約70度を超えると固まります。 一方黄身は、60度台で粘度が増し、60度台後半〜70度で固まる性質があります。 そういった卵の性質や特徴を押さえ、扱いがわかれば、どんな料理も失敗しません! 今回は親子丼、チャーハン、カルボナーラのレシピをご紹介します。

3

【家事ヤロウの裏ワザやってみた】100均グッズでコンロ周りをピッカピカにする方法!衝撃の結果

年末の大掃除に向けて気になるのが「お掃除グッズ」。2019年11月27日のテレビ朝日系列「家事ヤロウ」では100均グッズを使った掃除方法が紹介されていました。 億劫になりがちなコンロ周りの焦げ付きなどの汚れを100均のグッズをたった2つ使うだけで簡単に楽にお掃除できます。 一度知ったらもう手放せないほど楽で簡単な掃除方法を実際に試したので、さっそくご紹介します!!

4

掃除が劇的にラクになる「予防掃除」とは?整理収納アドバイザーが実践!

掃除の負担が軽くなるのは、主婦としてとても嬉しいですよね。そこでおススメなのが『予防掃除』です。予防掃除とは、汚れをためないように、または汚れをガードできるよう工夫しておくこと。整理収納アドバイザーの資格を持つ私が、我が家で実践している予防掃除をご紹介します。

5

じゃがいもの皮むきの新定番!? スプーンを使うとつるんときれいにむけた!

人気メニューに欠かせない野菜の代表「じゃがいも」。皮むきのときに、どうしても厚めになってしまう…という人必見! どこの家庭にもある“アレ”を使うだけで、ムダなく、つるんと皮をむく簡単な方法があるんです。

この記事をシェアする

TOP