生理の時の憂鬱が少し減る「月経カップ」はナプキンの不快感をゼロに!実際に使った感想は

心と体

stock.adobe.com

2020.10.25

女性にとって毎月くるちょっと憂鬱な生理の日。生理用品はナプキンやタンポンを使っている方も多いと思いますが、最近注目されている「月経カップ」をご存じでしょうか。

saitaPULS編集部では、そんな新しい生理用品の選択肢「月経カップ」について、アンケート調査を実施。多くの方がもつ月経カップにまつわる疑問や、実際に使ってみて「一度使ったら手放せない!」という声をご紹介します。

広告

「月経カップ」って一体なに?

出典:stock.adobe.com

月経カップとは、膣の中に直接入れて経血を溜めるシリコン製のカップのこと。
経血が溜まったらカップ内の経血を捨てて、洗ったあとまた膣内に入れて使用します。日本ではここ数年の間に普及してきて、さまざまなメーカーの商品が手に入りやすくなってきました。

使うメリットとしては、月経カップは洗って繰り返し使えるのでナプキンを頻繁に買う必要がなくなり経済的なことが挙げられます。
またナプキンなどでかぶれがちな方は肌トラブルが少なくなり、生理中であっても温泉やプールなどが普段と変わらず楽しめるようになるようです。

月経カップは知っているけど、使ったことがない方が約6割

saitaリーダーズアンケート 2020年9月実施 n=151

saitaPULS編集部は月経カップについてアンケート調査を実施。月経カップを知っているのか、また使用したことがあるのかなどを聞いてみるとこのような結果になりました。

「知っているが、使っていない」という方が最も多くを占め約58.7%、次いでそもそも「月経カップについて知らない」という方が39.3%、知っていてすでに使っているかたはたったの2%という結果に。

アンケートの声を見てみると、

『痛そう、怖い』

『どう使うのかよくわからない』

『実際にどのように使用するか知らないし、漏れなどが気になる』

『使い方がよくわからないし、漏れないかなど不安な点が多い』

『使用に失敗して大惨事になりそう』

『着け心地が良くなさそうなイメージがあります』

『使い方がわからない。漏れそうで怖い』

『タンポンと変わらないのでは?』

などの声がありました。
使い方がよく分からないため痛そう、怖いといったイメージがあったり、経血が漏れたりするのではといった不安も寄せられています。

そこで、実際に月経カップ愛用者に、リアルな使い方やその使い心地を聞いてみました。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

広告

 

著者

mamiWaka

mamiWaka

語学系出版社でワーキングマザーを経て、現在はフリーのライター・編集者。分かりやすく読みやすい、役立つ記事を目指しています。

【在宅勤務】「saita」編集者を募集中!

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告