「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

【2020年を振り返る】「自分らしさ」がより浮き彫りに|小田桐あさぎさんが得たもの、やめたこと

カルチャー

 小田桐あさぎさん2020年ふりかえる

2020.12.29

オリンピックイヤーになるはずだった2020年は、世界的なパンデミックにより日本だけではなく世界全体が混乱と変化の年になりました。今もまだ続く新型コロナウイルスの大流行により大きく変わった私たちの生活。 コミュニケーション方法や働き方も変わり、外出頻度は極端に減りました。季節を問わずマスクをつけ、消毒を徹底する日々。今までの生活は大きく変わり、良くも悪くも驚くほど変化せざるを得ない1年でした。 そんな2020年、saitaで活躍頂いた皆さんに「2020年を振り返って、感じたこと、変わったこと、始めたこと」を聞きました。2人目はsaitaで人気連載の『小田桐あさぎのアラフォー人生お悩み相談』の小田桐あさぎさん。

小田桐あさぎさん『「私、ちゃんとしなきゃ」から卒業する本』著者の小田桐あさぎさん

2020年という年は……

ずっと言われていた様々な業態のIT化、オンライン化が10年分くらい一気に進んだ年になったなと思います。
惰性で付き合っていた人間関係が一掃されるかわりに、親しい友人とはオンライン化して今までどおり交流を続けたり、また家族と過ごす時間が増えたりと、本当に自分が一緒に時間を過ごしたい人が明確になったと感じました。

また緊急事態宣言で通勤がなくなったり、そもそも仕事が減ったりしたことで、今まで以上に「自分の時間」を過ごせるようになった人が多かったのではないかと思います。お料理にハマってたり、仕事のオンライン化をせっせと進めたり、はたまた変わらず飲み歩いていたりと笑 周りの友人もそれぞれの「自分らしさ」がより浮き彫りになる時間の過ごし方をしていたように感じました。

2020年に買った満足度高めのお気に入り

無痛分娩です、笑
2020年3月に2人目を出産しました。24時間無痛対応の産院を選び、バッチリ麻酔を効かせて出産しました。

無痛分娩

おかげさまで生まれる30分前までインスタライブをしたり、夫と談笑しながらという超〜リラックスな出産ができました。なぜ日本では無痛分娩があまり一般的じゃないのか本当に不思議です。海外では無痛分娩が一般的だし、日本でも普通の手術で麻酔しないなんてあり得ないと思うので、出産も無痛がもっと普通の選択肢になったら良いのにな~といつも思っています。大げさに聞こえるかもしれませんが、人生で一番よかったお金の使い方だと感じています。

 

2020年 心に残った書籍、映画、ドラマなど

リンダ・グラットン/アンドリュー・スコット著『まんがでわかる LIFE SHIFT』(東洋経済新報社)です。

書籍版も持っていて、長らく「積ん読」になっていたのですが、満を辞して読むかと思いきや……やっぱり読めず、漫画版を手に取りました。
そんな背景があったのですが、めちゃくちゃ面白い! 人生100年時代の生き方や資産の積み上げ方など「まさに今」読んでおくべき本だったなと思います。漫画で十分かはわかりませんが、とりあえずラクに読めるので、漫画版オススメです!

2020年始めたこと

あさぎさんライブ配信

ライブ配信を2020年に始めました。

今までは主に書籍やブログなどのテキストベースで発信していたのですが、コロナ期間中にライブ配信を始め、今ではテキストよりもライブ配信のほうで頻繁に発信するようになりました。結果は、大好評! やはりテキストよりもライブはより自分のありのままがリアルに伝わるので、見てくださっている方に、より素の私を知っていただけたんじゃないかなと思います。

2020年辞めたこと

美活をやめてしまいました!(涙)
本当は辞めては良くないと思うのですが…… 

人に合わないのでどうしても気が緩んでしまい、筋トレも食事制限もやめ、がっつりとコロナ太りしてしまいました。さらにこのまま正月太りに突入する気満々です(笑)

美活をやめてしまったコロナ禍 以前は通っていた韓国の美容皮膚科

コロナの影響で、3ヶ月に1度ほど行っていた韓国美活旅行もできなくなり、そして何よりもオンラインだとライトとかでかなりごまかせるので(笑)全くやる気が戻ってきません! 人に実際に会う緊張感って大事なんだなとしみじみ噛み締めています。

どんな2021年になればいいと思いますか?

2020年6月、世界経済フォーラム創設者のクラウス・シュワブ会長が、2021年の年次総会(ダボス会議)のテーマは「グレート・リセット」であることを表明したそうです。

来年以降は、今までのような社会経済システムではなく、人々の幸福を中心とした経済に考え直すべきだ、という主張だとのことですが、本当に大きな転換期に来ていると感じます。自分自身としてもその波に乗り、自分や周り、そして社会に対しても、少しでも幸福を増やせるような生き方をしていけたら良いなと思っています!

 

みなさんはどんな2020年でしたか?

著者

小田桐あさぎ

小田桐あさぎ

出会って2週間で結婚。第一子の妊娠中にブログを開設。独自論が好評を博し月間30万PVの人気ブログへ。自分らしい魅力を開花するスクールは4年間で400名以上の女性が受講。「VERY」など女性向けメディア掲載歴も多数。著書に「私、ちゃんとしなきゃから卒業する本」「嫌なこと全部やめたらすごかった」がある。

この記事をシェア