「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

「醤油+かつお節」に飽きたら絶対試してほしい!10分以内でつくれる「豆腐」の和食おつまみレシピ3選

料理・グルメ

 10分以内で簡単!マンネリしがちな「豆腐」を使った絶品おつまみレシピ3選でお家飲みをもっと充実

2021.05.18

簡単豆腐おつまみレシピ3:「帆立てとみつばのあんかけ温奴」

『和食つまみ』帆立てとみつばのあんかけ温奴
冷奴ばかりではなく、温かいものでほっこりしたい……。そんなときに食べたい「帆立てとみつばのあんかけ温奴」。
帆立ての缶の汁ごと使うことで、だしいらずでやさしい味わいになります。

材料(2人分)

『和食つまみ』帆立てとみつばのあんかけ温奴 材料
◆材料(2人分)

  • 絹ごし豆腐……1丁(300g)
  • 帆立て貝柱(缶詰)……小1缶(70g)※汁ごと使用します。
  • みつば……3分の1束

A

  • 薄口しょうゆ……大さじ2分の1
  • みりん……大さじ2分の1 
  • 酒……大さじ1
  • 片栗粉、水……各小さじ2

作り方

『和食つまみ』帆立てとみつばのあんかけ温奴 作り方1
1.絹ごし豆腐は半分に切って耐熱皿にのせ、ラップをかけて電子レンジ(600W)で3~4分加熱して温めます。豆腐から出た水は捨てます。

『和食つまみ』帆立てとみつばのあんかけ温奴 作り方2
2.みつばは長さ3cmに切ります。

『和食つまみ』帆立てとみつばのあんかけ温奴 作り方3
3.帆立て缶の汁全量に水(分量外)を加えて4分の3カップにして鍋に入れ、貝柱とAを加えて中火でひと煮立ちさせます。

『和食つまみ』帆立てとみつばのあんかけ温奴 作り方4
4.みつばを加え、片栗粉を水で溶いて回し入れ、とろみをつけます。

『和食つまみ』帆立てとみつばのあんかけ温奴 作り方5
5.器に1の豆腐を盛り、4をかけて完成です。

帆立ての旨みがぎゅっと詰まったあんで、豆腐も主役級のおつまみに変身! 「あと一品ほしい」というときにも活躍します。

いずれも、簡単だけれど手が込んだような味わいが楽しめる豆腐レシピ。一度作ったらリピートしたくなるおつまみばかりです。
変幻自在な豆腐を活用して、お家飲みをもっと充実させてみませんか? ぜひ作ってみてくださいね。

 

『温故知新 和食つまみ』

書影出典:www.seibidoshuppan.co.jp

温故知新 和食つまみ』(成美堂出版)
著者:吉田愛
価格:1,210円
シンプルな料理だからこそ、素材の味を存分に楽しめるのが和食の真髄。この本では、10分で作れるおつまみから、料理屋さんで出されるような少し贅沢な食材を使ったおつまみまで、いずれも家で作りやすいレシピにしてご紹介しています。


著者

shukana

shukana

小学生、幼稚園児の男の子のママ。出産前まで紳士服業界に携わり、TES(繊維製品品質管理士)の資格を取得。 暮らしをより楽しく、よりラクに過ごすための方法を日々模索中です。