「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

スッキリとした暮らしを送るために気を付けたい6つのポイント#整理収納アドバイザー直伝

家のこと

 整理収納アドバイザーが実践!家がいつもスッキリ片付く“6つのポイント”

2021.11.24

整理収納アドバイザーのkazukoです。年末が近づき、片付けや大掃除も気になりだし、今年1年やり残したことはないか? と振り返る時期ですね。新しい年に向けて今こそ、家を整えて、暮らしを見直し、スッキリとした暮らしにシフトしていく絶好の機会なのではないでしょうか? そこで、家を整えて、スッキリとした暮らしを送るために、気を付けたいポイントをご紹介します。

1 アイテムを厳選する

シンプルな暮らし

シンプルな暮らしを送るためには、必要最小限のモノだけで暮らすことが理想的です。収納家具や収納グッズを増やすのではなく、今ある収納スペースにおさまるよう、アイテムを厳選しましょう。
むやみにモノを増やすのではなく、今あるモノを大切にする視点で、モノと向き合ってアイテムを厳選していくと、自然とシンプルな暮らしに近づくことができるはずです。

2 シンプルなデザインのモノは見せる収納

見せる収納

シンプルなデザインのアイテムであれば、出しっ放しでも雑然とした印象にならないので、よく使うアイテムは、シンプルなデザインのモノを選んで、見せる収納に。見せる収納なら、使ったモノを元に戻す行為も習慣化しやすいです。お気に入りのデザインのモノであれば、視界に入っても邪魔にならず、気持ちよく過ごすことができます。

3 生活感の出やすいアイテムは隠す収納

隠す収納

生活感の出やすいストック品などのアイテムは、ボックスやケースに入れて、隠す収納にすれば雑然とした印象になりにくいです。使いやすさと見た目のバランスを考えつつ、しまい込みすぎない程度に隠す収納を取り入れられたら理想的です。

4 浮かせる収納で片付けをラクに

浮かせる収納

マグネットアイテムや、フックなどを活用して、浮かせる収納を活用すると、片付けをラクに行えるようになります。ラクに行えるようになると、片付けが習慣化しやすく、スッキリとした状態を維持しやすくなるので、浮かせる収納を是非取り入れてみて。

5 フォーカルポイントを意識する

フォーカルポイント出典:unsplash.com

「フォーカルポイント」とは、部屋の中で視線の集中する場所のこと。観葉植物やポスターなどを飾って、部屋に入ったときにパッと目につく場所があると、部屋に広がりを感じやすくなります。部屋に入る入り口の対角線上にフォーカルポイントを作ると、部屋に奥行を感じて、スッキリとした印象になります。

6 カラーを統一する

カラー

収納アイテムや実用品などのカラーを3色ほどに統一すると、インテリアになじみやすく、空間がスッキリとした印象になります。カラーが統一されていると、まとまりのある居心地のいい空間になります。ソファやカーテンなど、面積の大きいモノほどカラーを統一するとさらに、スッキリとした印象になります。

家を整えてスッキリとした暮らしを送るために、気を付けたい6つのポイントをご紹介しました。新しい年に向けて今こそ、家を整えて、暮らしを見直し、スッキリとした暮らしへとシフトしてみませんか? ご紹介したポイントを意識して、新しい暮らしへとアップデートしてみてくださいね。参考にしていただけたら嬉しいです。

著者

Kazuko

Kazuko

片付けで暮らしをラクにシンプルに おウチを整えて豊かな暮らし 鹿児島で整理収納アドバイザーとして活動中   中学1年、小学5年の男の子、小学2年の女の子のママ  お片付けサポート 487時間 お片付けレッスン 65名様