「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

「大きな分かれ目は、諦めるか諦めないか」RIKACOさんに学ぶ “自分らしく年齢を重ねる秘訣”【インタビュー後編】

カルチャー

 RIKACOさんに学ぶ “自分らしく年齢を重ねる秘訣”

2022.06.27

前回に引き続き、素敵に年齢を重ねている女性の代表格であるRIKACOさんに、ポジティブに年齢を重ねていける秘訣や、これから先10年の目標について聞きました。40代から50代、そして、50代から60代へ。素敵な歳の重ね方をしているRIKACOさんのお話は、多くの女性に年齢を重ねることの希望を与えてくれます。

RIKACO's profile

数々の人気雑誌のモデルとしてのキャリアをスタートさせ、その均整のとれたスタイルと持ち前のセンス、ちょっと手を伸ばせば届く憧れ感というところも、同性のFASIONアイコンとして今も支持を集めている。YouTube「RIKACO LIFE」では“きれいに歳を重ねよう”をテーマに配信中。最新著書に『RIKACO LIFE (美人力PLUS)』がある。

自分のことを好きになってあげる

RIKACOさん

――自分らしく年齢を重ねるために大切なことってなんだと思いますか?

自分自身をよく知るってすごく大事だと思います。まずは、自分と向き合って自分を理解してみるんです。人と自分は違うし、人が良いと思うことも実は自分にとってはそんなによくないことってたくさんあるんですよね。今は、情報過多な時代だけど、それに流されないで、自分が心地良いものを選びながら進むということが自分らしく年齢を重ねる、生きるということだと思います。

――RIKACOさんは今、自分らしく生きられていますか?

自由に自分を表現できる時代になってきたと感じているけど、最近はより自分らしく楽しく生きられるようになってきた気がしています。すごくリラックスしながら仕事ができているし、素の自分に近い状態でやりたいことを追求できている感じ。息子たちも二十歳を過ぎたので、今はほとんどが自分の時間。だからこそ、やりたいことだけに集中できているのも良いのかも。

――自分らしさがわからないという人が、自分らしさを知るためには何をしたらいいですか?

自分の性格を分析してみることです。好きなものや嫌いなもの、得意なこと不得意なことを書き出してみてもいいし、自分にとってストレスになるのはどんなことなんだろうと考えるのも良いと思います。

――RIKACOさんがストレスを感じることってどんなことですか? また、逆にポジティブな気持ちになることは?

私の場合は、人との争いごとや揉めごとがすごくストレスになるんです。だから、できるだけそういうことに心が乱されないようにしています。人に対して思いやりを持って、できるだけ笑顔で過ごしたいから、そのためにできることを考えます。そうすると、自然とマインドがポジティブになっていくんです。何をしたら、自分はハッピーになれるかを考えるってすごく大切なことなんです。

――自分がハッピーを感じられることを意識するんですね。

そうです。まずは、自分のことを好きになってあげること。自分のことを思いきり抱き締めてあげて、自分を好きだと言えるようになれたら最高! もし、自分がイヤだなぁと思うことをしちゃったとしても、その日のうちにちゃんと反省すればOK! 次から、そうしないようにしようと思う=自分を大切にする。その繰り返しで自分らしく生きやすくなるんだと思います。

よく考え、悩んでジャッジする

RIKACOさん

――常に自信に溢れている印象を受けるのですが、RIKACOさんが不安を感じずに突き進んでいけるパワーの源はなんですか?

こう見えて、私も不安になることはあるんです(笑)。考えだしたら、不安なことは無限にでてきちゃう。それでも突き進んでいけるのは、正しいか正しくないかわからないけど、決めたらやるしかない! という気持ちがあるからかな。やってみたいと答えも出ないから、悩むよりは、「ここからやっていこう」という感じが強いのかも。

――RIKACOさんでも不安を感じることがあるんですね。なんだかちょっと安心しました(笑)。

いつも不安だし、絶対成功するなんて気持ちはないけど、それでもやる! という気持ちで突き進んでいます(笑)。あと、失敗してもいいようなスタートを切って様子を見たり、1歩ずつ確認をしながら進んでいくし、違うなと思ったらすぐに切り替えるんです。不安な分、回避方法はたくさん用意しています。

――常にいろんなことを考えているということですね。

そう。私は常に頭がフル回転! 基本的にポジティブなんだけど、慎重派。そのおかげで、大失敗するようなことは今までなかったのかもしれない。私は、よく考えるし悩むしジャッジする。生きている限り、考えることは尽きないね(笑)。

――ジャッジできる判断力はどのように身につけたんですか?

性格でしょうね。几帳面で無理をしないから、あまり大きな賭けをしないんです。本当にコツコツタイプ。貯金もコツコツするタイプだし(笑)。ちゃんといつも計算しながら前に進んでいるの。

これからの10年を楽しむ方法

RIKACOさん

――現在56歳のRIKACOさんですが、今この年齢を楽しむために意識していることはなんですか?

健康であること、そして精神力です。健康じゃないとどんなことも楽しめないし、私くらいの年齢になってくると、ホルモンバランスの影響をたくさん受けるんです。更年期もその一つなので、体の変化に負けない精神力がカギを握るんじゃないかなと思うようになりました。

――何歳になっても、美しさと輝きを維持している秘訣を教えてください。

ある程度の年齢を重ねてきた人にとって大きな分かれ目になると思うのが、諦めるか諦めないかだと思うんです。この年齢になると、体型も崩れてくるし、肌も荒れてくるし、体調も悪くなる。でも、努力をすることはできるし、努力している人にはそれなりの結果がついてくるんです。「仕方ない」と諦めてしまったら、そこで終わってしまうから、無理をしない程度に努力をすることを意識しています。

――50代になる前に掲げていた目標はありますか?

私ね、50歳になるまでに家のローンを払い終えて、+αで「このくらいは貯めておきたい」という貯金目標があったんです。30代後半からそのために頑張ってきて、50歳になる前にその目標を達成しました。これはさすがに自分を褒めてあげようと思いました。

――すごいですね。まさに有言実行! 本当に素敵だし、見習いたいです。

1つの目標を達成すると、また次の目標に向かって走り出したくなるタイプなので、その目標を達成して2年後に、ライフスタイルブランド「LOVE GIVES LOVE」を立ち上げました。なので、65歳までの10年、新しい目標に向かって走り出したところなんです。

――この先10年で挑戦してみたいことを教えてください。

「LOVE GIVES LOVE」を1つのメディアにして、いろんな情報を発信していきたいと思っています。6月には「LOVE GIVES LOVE」のスタジオもオープンするんです。そのスタジオを中心に、毎週日曜日にオンラインでワークショップを開催する予定です。6月の終わり頃には、「考え方ですべてが変わる脳活ワークショップ」を企画中です。更年期や、この時期のダイエットをについて「RIKACOメソッド」をお伝えできればと思っています。私世代になってくると、食べることばかり考えちゃう人がけっこういるんです。そうすると、当たり前だけどどんどん体重が増えていきますよね。でも、考え方を変えることで生活は変わるということを伝えたいんです。同世代だけではなく、下の世代の子たちにも役立つことができることをどんどんしていきたいと思っています。

――とても気になるワークショップ。RIKACOさんの発信を楽しみにしています。最後に、saita 読者へのメッセージをお願いします。

私にとって40代は、一番輝いていたんじゃないかなという年代です。年齢的には、40歳って、「歳をとったな~」と感じるかもしれないけど、実際なってみると本当にエネルギー溢れる年代なんです。だからこそ、やりたいと思うことがあったら諦めないでどんどんやってほしい。今あるパワーを溜め込まないで、いろんなことに挑戦してください!

RIKACOさん

自分を愛し、自分らしく、自分の人生を思いきり楽しんでいるRIKACOさん。ブレずに、芯のある生き方を実践されているからこそ、多くの女性たちがその生き方に魅了されるのかもしれません。RIKACOさんのお話を聞いたことで、年齢を重ねることが楽しみになってきました。


著者

上原かほり

上原かほり

フリーライター歴10年。読んだ人の心にふわっとした空気が流れるような記事や情報をお届けできるよう心がけています。