1,000万円貯めた私が選ぶ「節約になる日用品」。なにを買うかで支出に差がつく!

働く・学ぶ

stock.adobe.com

2023.06.26

物価高が続く2023年、暮らしに欠かせない「日用品」の値上げが家計を直撃しています。 毎日使う消耗品は、どれだけ高くても買わないわけにはいきません。 「日用品費を少しでも下げたい」 今回は、値上げラッシュでも節約が叶う、1,000万円貯めた私が選ぶ「節約になる日用品」について紹介します。

広告

プライベートブランドの商品

スギ薬局出典:stock.adobe.com

日用品によってメーカーはさまざまですが、私は「プライベートブランド」の商品を積極的に選ぶようにしています。
プライベートブランドは、製品企画から製造元との取引を自社で行う分、ナショナルブランドの商品よりも価格が安いんです。

私が行きつけのドラッグストア「スギ薬局」では、プライベートブランドの「Sセレクト」を販売しています。
価格は大手メーカー品の1~2割安いので、ティッシュやトイレットペーパーなど、使ってすぐになくなる消耗品は、価格がお手頃なプライベートブランドで十分です。
一度使ってみて品質が問題なさそうなら、ナショナルブランドからプライベートブランドへ乗り換えてしまうのもおすすめ。

私はプライベートブランドの日用品を選ぶようになってから、月1,000~2,000円ほど出費が減らせるようになりました。

多目的に使える洗剤

洗剤出典:stock.adobe.com

ドラッグストアへ行くと、いろいろな用途の洗剤が置いてありますよね。
どれも「家にあったら便利そう…」と思うことはありますが、基本的に用途が限られる洗剤は買いません。

いろいろな洗剤を買わなくても、多目的に使える洗剤がひとつあれば十分です。
わが家では、酸素系漂白剤の「オキシクリーン」を家中の掃除に使っています。
オキシクリーンは、漬け・拭き・かけ・こすりなど、使い方は自由自在。
衣類のシミ、壁や壁、ふきんの漂白、ガスコンロの掃除まで、オキシクリーン1本で十分でこと足ります。

多目的に使える洗剤が一家にひとつあれば、いろいろな洗剤を買い揃える必要なし!
置き場所やストックを購入する支出を考えても、洗剤の数は少ない方が家計にとってもプラスになりますよ。

2倍巻き+香りつきのトイレットペーパー

香りつきのトイレットペーパー出典:stock.adobe.com

トイレットペーパーは、シングル派ですか?それともダブル派ですか?
私は断然、「2倍巻き+香りつき派」です!2倍巻きトイペの良さは、交換する手間が省けること。その上、コスパも悪くないんです。
1ロールで2ロール分の量が使えるので、トイレットペーパーの置き場所にも困りません。
ひとつで長く使える分、買い替えに行く時間も節約できます。

さらに、香りつきなら「トイレ用の芳香剤」も不要。
トイレットペーパー自身が香ってくれるので、芳香剤を買わなくても良い香りが続くんです。
香りつきのトイレットペーパーは50~100円ほど高くなりますが、芳香剤代や交換する手間を考えたら、私は迷わず香りつきを選びます。

日用品を「最小減」にすると家計がスリムに

節約出典:stock.adobe.com

私が日用品を選ぶうえで意識していることは、「コスパ」「代用できる」この2つです。
自分の中で問題ない品質なら、迷わず安いものを。
そして、できるだけ数をもたなくて済むように、代用できるかどうかを考えながら選んでいます。

日用品の数が最小限なら、ストックの出費・置き場所問題がすべてクリアに。
買い足す頻度も減って、買い物時についで買いも減らせますよ。

広告

著者

三木ちな

三木ちな

クリンネスト1級の資格を保有し、お掃除のプロとして掃除の知識と技術を発信する、子ども3人のママライター。時短家事スペシャリストを受講し、家事や仕事で忙しい人でも「簡単にできるお掃除方法」を得意とする。 また、節約生活スペシャリストとして、食費2万円台で暮らす節約術や、ふるさと納税、業務スーパーのお買い物術などみんなが知りたい情報をいちはやくキャッチしお伝えしています。 腸活アドバイザーの資格を活かし、節約術だけでなく、カラダにいい食費節約術も発信中。

【在宅勤務】「saita」編集者を募集中!

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告