食費が少ない人が「でかける前にやること」【5人家族・月の食費2万円台の達人に学ぶ】

働く・学ぶ

stock.adobe.com

2023.10.11

おでかけすると、「今日は外で済ませてしまおう……。」と外食欲に負けてしまいがち。 そんなうっかり外食は、出発前の対策で阻止できるんです。 ここでは、私が「でかける前にやっていること」をご紹介します。

広告

ごはんを炊飯予約しておく

炊飯予約出典:stock.adobe.com

どんなに急いでいても、ごはんの予約タイマーのセットは必須です。
炊飯予約さえしておけば、帰宅した頃に炊きたてのごはんが用意できます。
外食欲がわいてきても、「ごはんは炊いているし、今度にしよう」と、まっすぐ家路につけます。

子どもたちに「外食しようよ~」と誘惑されても、「とりあえずごはんあるから!」の一言をピシャリ。
この「炊飯予約」で、これまで何度も予定外の外食を阻止できました。

おかずの下ごしらえを済ませる

おかずの下ごしらえを済ませる出典:stock.adobe.com

夕飯のおかずをつくってから外出するのが一番理想的なのですが、時間がとれないこともあります。
そんなときは、「おかずの下ごしらえ」だけ済ませておく。これがマイルールです。

下ごしらえとはいっても、むずかしく手間がかかることはしません。
お肉に下味をつけておいたり、野菜を切っておいたり……。
基本的には、10分以内で終わる準備だけです。

「たったそれだけ?」と思うかもしれませんが、ヘトヘトに疲れた帰宅後は、ちょっとの手間が省けるだけで気持ちがラクになります。
サラダ用に野菜をカットして器に盛っておけば、後はドレッシングをかけるだけ。
しょうが焼きに下味をつけておけば、フライパンで焼くだけ。

下ごしらえで「○○するだけ」の状態になっているおかずと炊飯予約したごはんがあれば、帰宅後10分ほどで夕食が完成します。

飲みものを持参する

飲みものを持参する出典:stock.adobe.com

帰宅後だけでなく、おでかけ中の外食阻止も忘れません。
喉が渇いたとき、うっかりカフェへ行かないように、必ず飲みものを持参します。
「喉が渇いた=ドリンクを買う」、これもうっかり出費と同じです。

マイボトルが用意できないときは、スーパーやドラッグストアで購入した飲み物でもOK。
コンビニやカフェへ立ち寄ることを考えれば、断然安く済みます。

出発前に「寄り路しない」対策を

出発前に「寄り路しない」対策を出典:stock.adobe.com

おでかけをすると、疲れや誘惑でつい外食で済ませたくなります。
でも、思うがままに外食をしていては、家計を圧迫しかねません。

出発前に外食を防ぐ対策をしておけば、帰宅後もラクに食事の準備がととのいます。
「炊飯予約」だけでも十分な予防につながりますので、ぜひ試してみてください。

広告

著者

三木ちな

三木ちな

クリンネスト1級の資格を保有し、お掃除のプロとして掃除の知識と技術を発信する、子ども3人のママライター。時短家事スペシャリストを受講し、家事や仕事で忙しい人でも「簡単にできるお掃除方法」を得意とする。 また、節約生活スペシャリストとして、食費2万円台で暮らす節約術や、ふるさと納税、業務スーパーのお買い物術などみんなが知りたい情報をいちはやくキャッチしお伝えしています。 腸活アドバイザーの資格を活かし、節約術だけでなく、カラダにいい食費節約術も発信中。

【在宅勤務】「saita」編集者を募集中!

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告