「お味噌汁」にいれると腸がよろこぶ“ダイエットにもいい食材”とは?

料理・グルメ

2023.11.18

「クリスマスまでにダイエットしたい」そんな声が聞こえてくる時期となりました。身体作りは食事管理が7割だとか。そして腸内環境のケアと同じくらい大切なのは「血糖値」を意識すること。食材選びや食べる順番などを整えて体型を調整していきましょう!初めてでも作りやすい味噌汁をダイエット向きの具材で仕上げました。

広告

7割と3割

ジム出典:www.photo-ac.com

ジム通いをしていたころ、体重を減らしつつ筋肉を増やしたかった私はしっかり食べて痩せるということを学びました。
トレーナーさんに毎日食事の写真を送ると「食べる量をもう少し増やしましょう!」とアドバイスをもらうことも。

もちろんその分運動しないとただ大きくなるだけなのですが、毎回のパーソナルレッスンは即筋肉痛レベルのハードさでした。
身体作りに大切なのは食事が7割、運動が3割ということです。

急上昇を防ぐ

なめこ出典:www.photo-ac.com

ダイエットのことを考えると血糖値への意識も大切です。なめこに含まれるヌメヌメ成分のペクチンは水溶性食物繊維。

腸内で水に溶けてゆっくりすすみ血糖値の急上昇を予防することが期待できます。
急激な血糖値の上昇は糖を脂肪に変えて溜め込むホルモンがですぎてしまうことに繋がるので避けましょう。

血糖値の急上昇を防ぐために推奨されているのは「食物繊維の多いものから食べ始める」です。
消化酵素が豊富な大根と発酵食品の味噌と合わせた今回の味噌汁は食事の食べ始めにぴったりなのでぜひお試しください!

それではレシピをご紹介します。

大根となめこの味噌汁

味噌汁

材料(2人分) 調理時間15分

水……400ml
和風顆粒だし……小さじ1
味噌……大さじ1
大根……100g
なめこ……80g
長ネギ……30g

作り方

1 鍋に水・いちょう切りにした大根・軽く水洗いしたなめこを入れて火にかける。

なめこ

2 大根に火が通ったら和風顆粒だしを入れる。

大根

3 火を止めて味噌を溶き、長ネギを入れる。

味噌汁

4 器に盛ったらできあがり。

味噌汁

 

参考文献:
『春夏秋冬 おいしいクスリ 旬の野菜の栄養辞典 最新版』吉田企世子監修, エクスナレッジ.(2016)

広告

著者

坂下莉咲さんプロフィール

坂下莉咲

身体の中から美容と健康を意識した「1日1発酵食品」を習慣に。 美容業に携わって10年以上。理想の肌へ導くカウンセリングでは、食事などのインナーケアとスキンケアの両面からアドバイス。 科学的根拠のある美容知識をInstagramやTwitterで発信中。 saitaでは腸がよろこぶ簡単レシピをご提案。

【在宅勤務】「saita」編集者を募集中!

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告