食費が少ない人の「朝ごはん」の特徴【5人家族・月の食費2万円台の達人に学ぶ】

働く・学ぶ

stock.adobe.com
 食費が少ない人の「朝ごはん」の特徴

2023.11.27

「朝ごはん」、どんなメニューを用意していますか? 食事をしっかりとることは大切ですが、お金のかけすぎは食費増につながります。 ここでは、5人家族・月食費2万円台でやりくりするわが家の「朝ごはんの特徴」をご紹介します。

広告

メニューは定番でいい

朝食出典:stock.adobe.com

時間がなくバタバタする朝は、食費だけでなく時間も節約したいもの。レパートリーを無理に増やすと、出費も手間も増えてしまいがちです。

そこで私は、「朝は定番でいい」と割り切り、いつも同じようなメニューを出しています。家で食べる朝ごはんに、”変わり映え”は求めません!(笑)。

たとえば食パンなら、チョコレートクリームやジャムを塗るか、冷蔵庫にある食材でつくれるピザトーストを。ごはんの日は、好みのふりかけで味つけしたり、おにぎりやチャーハンにしたり……。

特別に手をかけて頑張らずに、限られた食材で簡単につくれる献立を中心にまわしています。

おかずは前日の残り

おかずは前日の残り出典:stock.adobe.com

ウインナーや目玉焼きをつくることもありますが、ごはんに添えるおかずは「前日の残り」があれば十分です。おかずが余らなそうなときは、事前に朝食分を小皿に移して確保すれば問題なし!

昨晩のおかずをとっておけば、朝にフライパンを使わなくても朝ごはんが完成します。取り分けておくだけで、朝食用のつくり置きができてしまうんです。

ちなみに、わが家は朝にみそ汁を飲みたいのが長女だけということもあり、手軽さを優先してインスタントを使っています。

飲み物はお茶か水

飲み物はお茶か水出典:stock.adobe.com

地味~に出費がかさむ、飲み物代。
わが家は子どもが3人いるため、ジュースや牛乳を用意するとあっという間に予算オーバーしてしまいます。

そのため、朝食に限らずごはんを食べるときは、基本的に「お茶か水」です。牛乳は学校給食で飲んでくるので、朝に毎日飲まなくてもいいと割り切っています。

ただし、寒い冬だけは朝から一息つけるよう、ミルクココアやコーンスープを出すこともありますよ。

献立を決めておくとスムーズ

朝起きてから、「ごはん何にしよう……」と考えるのはなかなかツライものです。
すぐに行動できるよう、朝食のメニューを前日の夜のうちに決めておくのがマイルール。

わが家は子どもたちが「ごはん派vsパン派」に分かれるので、あらかじめ聞いておいた方が断然スムーズ!家事効率に大きな差がでます。
朝の準備は前日のうちに、こだわりや手間をとことん省いてラクする道を選ぶと、食費減につながりますよ。

広告

著者

三木ちな

三木ちな

子ども3人の母、趣味は節約・特技は貯金のママライター。 お得情報にはつねにアンテナをはって、逃さずキャッチ。 ラクしながらお得に暮らすことがもモットー。

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告