今から私が楽しみにしていること。想像するだけで涙腺が緩む…。<市井紗耶香コラム #イマココ Vol.6>

カルチャー

2023.12.30

saita世代の40代女性ど真ん中のタレント市井紗耶香さんが、子育て趣味、家族など日々について綴るコラム「#イマココ。」がスタート!日々の中で感じる人生における“発見”や“学び”をお届けしていきます。

広告

あっという間に2023年も終り

大晦日出典:stock.adobe.com

師走の候、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今年は暖冬ですよね。

原稿を書いている今も12月だというのに、今日の最高気温は22℃。日本でも「半袖のサンタクロース」が見られる日がそう遠くはないかもしれませんね。
(理想はホワイトクリスマスだけど。笑)

さて、市井紗耶香のコラム「#ココカラ」。

2023年は個人的にとても濃い一年でした。
そして、「こんなにせかせかして大丈夫?」というくらい時間が足りず、あっという間に過ぎました。
けれど、学びや出逢いの多い2023年でしたよ。

皆さんはどんな一年でしたか?

気持ちはすでに来年の七五三と、再来年の成人式!

成人式出典:stock.adobe.com

じつは今から密かに楽しみにしていることがあります。
それは、晴れ着と七五三。
来年、我が家の長女は二十歳に、そして末っ子が七歳になるので、ダブルお祝いをしようと今から計画中なんです。

ある会社が出したデータによると、七五三の場合は9割の方がお参りの日とは別日に撮影するとのこと。
しかも、準備をはじめるのは4月くらいからで撮影は6月の初夏が多いそう。
ぼやぼやしていると、あっという間に春が来てしまいそうなので、どんなお着物を選び、どこで撮るか娘たちと話しています。

そして、成人正式の晴れ着の場合もデザイン選びと試着が必要になります。
先日、たまたま成人式のデザイン打ち合わせと試着をされている親子に遭遇。
実際長女が成人式に出席するのは、再来年の1月(予定)ですが、多忙な女子大生。
その親子を見て私も急がなきゃ!とカタログを頂きました。

帰宅途中、そのカタログをパラパラと開いて見てみましたが、色鮮やかなデザイン一つひとつに個性があり、なんとも美しい!!
ページをめくる度にぐっと胸に来るものがありました。

すでに娘の晴れ着姿を想像すると涙腺が緩んでしまいます。

これが結婚式なら、どれだけ涙腺崩壊するでしょう(笑)

2024年も素敵な年になりますように…♡

初日の出出典:stock.adobe.com

ということで、来年、我が家は「晴れ着と七五三」のダブルお祝いです。
愛おしい子供たちの大切なお祝いの準備や前撮りが、今から待ち遠しいです。
皆さんも今からワクワクしていることはありますか?

saita読者のみなさん
今年一年も本当にお世話になりました!
来年も私が気になること、感じたことを #ココカラでお届けします。
どうぞよろしくお願いいたします。

よいお年をお迎えくださいね♡

広告

著者

市井紗耶香

市井紗耶香

1983年12月31日。千葉県出身。1998年にモーニング娘。2期メンバーとしてデビュー。 現在は4人の子どもの子育てをしながら、特定非営利活動法人日本ヴィーガン協会の理事を務める。

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告