農家やってるおばあちゃんに教えてもらった!ほうれん草のエグ味をなくす茹で方のコツ

料理・グルメ

2019.06.26

ほうれん草ってお弁当にもあと1品欲しいって時にも使いやすい万能な野菜ですよね。栄養もあるので、子どもにも食べさせたい食材です。しかし、ほうれん草のあの「えぐみ」が苦手な子どもは多いと思います。大人でも苦手な方もいますよね。

そこで今回は農家でほうれん草を作っている筆者の祖母から教わったえぐみを無くす少し変わった茹で方をご紹介いたします!筆者も食べてびっくり!いつもの茹で方よりも断然えぐみのないほうれん草になる茹で方なんです。

広告

ほうれん草の「えぐみ」の原因

ほうれん草出典:stock.adobe.com 

ほうれん草のあの独特のえぐみの原因は”シュウ酸”によるものです。

シュウ酸は体の中に入ると、鉄分やカルシウムの吸収を妨げたり、カルシウムと結合して腎臓や尿路に結石を引き起こす原因にもなります。

ほうれん草は、他の野菜よりもシュウ酸を多く含んでいるのです。

シュウ酸は水溶性の物質なので茹でて取り除くことができます。電子レンジでほうれん草を調理する方もいると思いますが、そうするとシュウ酸が取り除けないのでおすすめできません。

農家のおばあちゃん直伝!茹で方のコツ

一般的な塩茹でではなく、「砂糖」で茹でるだけなんです!

  

いつも通りお湯を沸かしたら、小さじ1ほどの砂糖を入れてほうれん草を1分程茹で、あとは冷水にさらすだけ。

茹でる ほうれん草出典:stock.adobe.com 

たったこれだけでほうれん草がぐっと食べやすくなります!

甘くならないか心配になると思いますがひとさじ程度なら甘くならないので、ご安心ください。
特別なものを使わずに簡単に試せる茹で方です。

半信半疑だった筆者もおばあちゃんの知恵ってすごい!と驚くほど食べやすくなったので、ほうれん草を茹でる際はぜひ試して見てください!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

広告
saitaとは
広告