「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

みきママの「揚げないクリームコロッケ」は子どもに大絶賛レシピ!

料理・グルメ

 みきママの「揚げないクリームコロッケ」は子どもに大絶賛レシピ!

2020.05.17

めざましテレビで紹介された料理研究家みきママさんの「揚げないクリームコロッケ」。

クリームコロッケは、作るのがとても難しいですよね。筆者もなんどか作ったことがありますが、成形がうまくいっても揚げるときに失敗してしまったり、なかなかうまくいかなくてお家で作ることをあきらめていました。

でも、みきママが紹介していた「揚げないクリームコロッケ」ならだれでも簡単に、そして失敗なくクリームコロッケを作ることができます。では実際に作ってみたいと思います。

「揚げないクリームコロッケ」の材料はこちら!

【「揚げないクリームコロッケ」の材料(2人前)】
・ベーコン         大4枚
・玉ねぎ          1個
・しめじ          150g
・マカロニ(3分茹でのもの)  150g
・バター           50g
・薄力粉          大さじ3
・牛乳           600cc
・水            200cc
・ピザ用チーズ       100g
・サラダ油         大さじ3
・パン粉          40g

【調味料】
・顆粒コンソメ       大さじ1
・塩            ふたつまみ
・粗びき黒こしょう     少々

ベーコンは一口サイズに切り、玉ねぎは薄切り、しめじは石づきをとってバラバラにして準備しておきます。

「揚げないクリームコロッケ」のポイントは最初に衣を用意するところ

①フライパンに油とパン粉を入れます。

②フライパンを振りながらパン粉を炒めていきます。

③こんがりきつね色になったら、火を止めます。

④キッチンペーパーにパン粉をいれて油をきっておきます。

メインの調理をしながらパン粉を炒ってもよいですが、同時に調理が難しい場合は先にパン粉を炒ってここまで用意しておくとゆっくり料理できます。

「揚げないクリームコロッケ」は1つのフライパンで作る!

①ベーコン、玉ねぎ、バターをいれてフライパンに蓋をし、蒸し焼きにしていきます。こうすると早く火が通ります。

②玉ねぎがしんなりして火が通ったらOKです。

③薄力粉を入れてからませます。

④ダマにならないように、牛乳を少しづつ入れながら混ぜていきます。牛乳をすべて入れきったら、お水も加えます。

⑤そこにマカロニ(茹でずにそのまま)と、しめじを入れます。

⑥コンソメ、塩コショウなどの調味料を入れ、吹きこぼれないように弱火で煮ます。

⑦マカロニに火が通ったらOKです。

⑧チーズをいれて混ぜます。チーズが溶けたら火を止めます。

⑨事前に作っておいたパン粉の衣を上にふりかけて出来上がり!

「揚げないクリームコロッケ」は1つのフライパンで作ります。牛乳やマカロニなどどんどんいれていくので、少し大きめのフライパンを使うとよいかと思います。小さいフライパンだと溢れてしまう可能性もあります。

また「揚げないクリームコロッケ」は作り終わった後、そのまま食卓に運びます。その為、食卓においても良いフライパンで作られることをおすすめします。

「揚げないクリームコロッケ」は子ども達に大絶賛!

「揚げないクリームコロッケ」をお皿に盛り、ソースをかけてみました。

ひとくち食べて驚きです。まさにクリームコロッケです。とろ~りとしたクリームに、しめじやマカロニの食感も楽しめます。でも上から振りかけたパン粉の衣があることで、コロッケの食感なんですね。

子ども達にも大絶賛で、あっという間にフライパン一杯にあった「揚げないクリームコロッケ」はなくなってしまいました。今回はしめじと玉ねぎを入れたのですが、おうちに残っているいろんな野菜を入れて作ってみてもいいかもしれません。

これは揚げ油を用意したりする必要もなく、とても簡単に作ることができるのでオススメです。

「揚げないクリームコロッケ」は、子ども達に食べ終わる前から「次にいつこれまた作ってくれるの? 」と催促されるほど大好評でした。

筆者も作るのも片づけるのもらくちんだったので、また作りたいと思います。ぜひみなさんも作ってみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。


著者

悠美

悠美

基本ズボラ、面倒くさがり屋の3児の母。いしかわ観光特使&輪島観光サポーターに就任。2010&2012年楽天トラベルマイスター受賞のWEB担当!ロンドンブーツ田村淳の大人の小学校1期生。 妊娠~出産で料理は安く美味しく体に良い食事がしたいので、田舎の珍しい野菜や魚なども使いつつ、手抜きはしつつも美味しい料理を家族に食べてもらいたいと考えて燃える日々。また節約大好きで日々家族の為に調査研究中